野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

少年野球 【腰痛・ムチウチ・交通事故治療はヤマモト整骨院】

久しぶりに少年野球に行ってまいりました。

自らの体力の衰えを日々感じる年代になりましたが、年を考えず張り切りすぎ足が攣りかけてしました。
子ども達のケガの心配をする前に自分がケガをしない様にしないといけなさそうです(笑)。

しかし、ボランティアと言えども、子ども達とこの様に野球が出来る事は、ある意味非常に贅沢で幸せなひと時であるという事を感じます。

投球障害 【鞭打ち・腰痛・交通事故治療はヤマモト整骨院へ】

第一回S&Hラボ コンディショニングセミナー行ってまいりました。

●投球障害の治療とコンディショニング         みどりクリニック  瀬戸口芳正先生
●投球障害の測定と評価                  みどりクリニック  野呂吉則PT
●肩甲骨周囲筋群のベーシックエクササイズ     みどりクリニック  百済はつえ先生

みどりクリニック 瀬戸口先生は中日ドラゴンズの選手達を筆頭に数多くのプロ選手を診る、スポーツドクターであられます。

今回は投球障害の治療とコンディショニングと題して、野球の投球障害の中で最も多い関節内インピンジメントについてバイオメカニクスと病態、及び同じくみどりクリニックの野呂・百済先生による測定と評価、エクササイズについて拝聴させて頂きました。

関節内インピンジメントは投球時の最大外旋時(MER)に上腕骨が肩甲骨面から30°水平外転し、前方移動すると過角形成が起こり上腕骨頭が肩甲骨関節窩と衝突し発生します。

その時(最大外旋時)、過角形成を起こさないようにするには肩甲胸郭関節、いわゆる肩甲骨の柔軟性と機能が非常に大切であり肩甲胸郭関節が上方回旋しての適切なMERがとれれば肩甲上腕関節が過外旋せず障害は発生しづらい。また、上半身が反体側股関節を中心にして動く為、反体側の下腹部に力がかかり下半身で投球腕を引っ張れるので運動連鎖が上手くいき腕の力に頼らず腕を振れるのでスピードが出、パフォーマンスアップにつながるとのことでした。

また不適切なMERだとThrowing planeとElbow planeが一致せず、肩には外旋、肘には外反トルクが発生し、内側型野球肘や後方型、強いては離断性骨軟骨炎の発生原因になるとのことでした。

一般的に皆、野球経験者であれば、肘下がり・手投げ・体が早く開く等が良くないということは周知であります。しかし、肘が下がっている、手投げ等はどういうものなのか本当の意味で理解している人は少ないのではないでしょうか?

適切なMERの獲得。その実現の為にS.I.C.K Scapulaの評価を行い、エクササイズによって解消させる。とても有意義で為になる一日でした。

季節の変わり目 【ムチウチ・腰痛・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

ついこの間まで「暑い暑い!!」と言っていたら急に寒くなってきてしまいましたね。
急に寒くなると体調を崩す人が多く見受けられます。

人間の身体にはホメオスタシス(生体恒常性)といって、外部環境が変わっても生命を維持することができるよう、内部環境を一定に保つ機能が備わっています。

例えば、気温が高いときは体温を下げるように体内で調節が行われ、気温が低くなると体温を上げるように逆の方向に調節機構が働きます。

体内でその働きをする器官は、身体の働きを調節する「自律神経系」、ホルモンの分泌を司る「内分泌系」、外部から侵入する異物から身体を守る「免疫系」があります。

残念ながら、年齢を重ねるごとにそれらの働き、機能も徐々に低下してきます。

暑さを乗り切る為に身体は一生懸命頑張りかなり無理をしています。でも、少し涼しくなると気の緩みと共に夏の疲れがドッと出てきます。こうした急激な環境の変化に身体が、機能低下によって対応しきれなくなり、季節の変わり目に体調を崩してしまうようです。

ありきたりですが、しっかりと栄養を取って、規則正しい生活をおくる事が、これらの機能を高め身体を健康に保つ秘訣なのでしょう。

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト