野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

野球共育塾 【岐阜市の接骨院、腰痛・むち打ち・交通事故はヤマモト整骨院】

 野球共育塾に参加して来ました。
野球共育塾とは、プロ野球界など現場と医療界に幅広い人脈を持つ能勢康史氏が主宰する学びの場で、現場と医療のネットワークを作り、野球選手の活動環境の向上を目指し立場の違う方が集い次世代を担う人づくりをする活動です。

日本全国色々な地域で野球肘検診をしたり、勉強会であったりが行われています。

今回は

・「野球障害の見方と対応ーメカニズムからアプローチを考える」  宮下浩二先生

・「投球・打撃動作の基本ー感覚と関節運動をつなぐ」  能勢康史氏

・「打力向上のための練習法ー良い選手の共通点と心構え」  湯浅貴博氏

宮下浩二先生は中日ドラゴンズのトレーナーを経て、現在は中部大学 理学療法学科准教授で理学療法士であられる先生です。

フットプラント時のテイクバックの位置による肘下がり、身体の開き、肘の突き出し、腕のコネ等、障害が発生しやすい投球動作。
 
また、それらを引き起こすのは、それ以前の動作に問題が有る事も多く、それだけを見ていても解決に繋がらない。足関節の捻挫の既往が肩の痛みの原因になっている事もある。
 
肩甲骨と胸郭の動き。
骨盤と股関節。
小指球。
 
バッティングにおいては、
軸と足部機能。
軸足の外反、膝の割れ、股関節の収まり、骨盤の後傾など。とても勉強になりました。
 

 

能勢康史先生は、プロサーブ代表、コンディショニングコーチ。チーム、医療機関で活躍されています。
野球動作の基本およびその見方とトレーニングの仕方。
 
四股の動きを中心に股関節が入る感覚、骨盤の前傾。
 
フォームの見方。
1全体をみる。
2三次元でみる。
3タイミングをみる。
4バランスをみる。
5いつもとの違いをみる。
 
投球動作時の軸足型およびステップ足型、それにより指導の仕方、フォームチェックの仕方も変わってくる。

 
 

 
湯浅氏は都市対抗でも活躍され、現在は王子製紙でコーチをしてみえる打撃を極めた方です。
 
ご自身の経験をもとにバッティングを中心にお話を頂きました。
一流の選手ともなると、影で努力をされ身体の使い方や感覚を深く突き詰めて非常に多くの事を考えてやっておられる事を感じました。
今度は指導者として、どの様にそれを次世代に伝えて行くのか、バッティングの構造化を試みているとのこと。
 
 
 
 

印象に残ったのは、どの方々も感覚を大事にされている事。
特に現場の一流選手は感覚で行っている。それを分かって指導しないと一つの型にはめて語る事は出来ない。投球フォームの指導の際、現場にいない医療には、そこに限界が生じてしまう。また、現場からは、医療関係(スポーツドクター、PT、柔整、トレーナー等)の方々が、投球フォームのバイオメカニクスなど、これだけ勉強、研究されている事に驚いておられました。
 
良い指導者、トレーナーは絶えず観察して、あれこれ言い過ぎない事、選手が助けを求めてきた時に的確なアドバイスができる事。
 
勉強になりました。

【岐阜市の接骨院、首・肩・腰の痛み、野球肘、むち打ち、交通事故治療、酸素カプセルはヤマモト整骨院へ】

 

JSBM 【岐阜市の接骨院、腰痛・むち打ち・交通事故はヤマモト整骨院】

2/2(日) 日本超音波骨軟組織学会(JSBM)に出席してまいりました。

【基調講演】
「身体のバネー現象論と解剖学的所在」  川上泰雄 早稲田大学スポーツ科学学術院 教授
「整形外科の臨床現場で役立つ画像診断」  長尾秋彦 クロス病院整形外科 部長

力を発揮する際、筋腱複合体における現象論、腱は軟らかい方が良いのか、硬い方がバネ効果を発揮するのか?

特にアキレス腱部(下腿三頭筋)において足関節伸展力は筋肉の伸び縮みが大きいほどパワー(床反力)が強いのかと思っていましたが、そうではなくトップアスリートにおいては腱の伸び縮みが大きく、その際、筋自体はアイソメトリック(等張性)に収縮し、コンセントリック(短縮性)にはあまり収縮しない、すなわち筋が硬くなり筋腱複合体として、腱の張力(大きな伸び縮み)を引き出すことによりパワーが発揮される、それがいわゆる「バネ」であるとの事でした。

しかし腱は柔らかい事が良いわけでなく、スプリンターは固い腱を持つ。軟らかい腱ではバネ効果が発揮されません。競技直前のスタティック(静的)ストレッチの是非にも関連しそうです。

このバネを生かすトレーニングの仕方(方法)に工夫が必要になってきます。

大変興味深く、まさに貴重な講演を拝聴できました。

【岐阜市の接骨院、首・肩・腰の痛み、野球肘、むち打ち、交通事故治療、酸素カプセルはヤマモト整骨院へ】

投球障害 【岐阜市の接骨院、腰痛・むち打ち・交通事故はヤマモト整骨院】

h23/02/05 岐阜アスレティックリハビリテーション研究会(GAR)主催の
第9回 アスレティックリハビリテーションフォーラム 出席してきました。

スポーツ肩障害の病態の捉え方をテーマに松波総合病院 整形外科 医師 福田雅先生、中部学院大学リハビリテーション学部 理学療法士であられる 鵜飼建志先生の講演を拝聴してまいりました。

現在は投球障害に対する治療の主体は運動療法を中心とした保存療法であり、その際に運動連鎖を意識した全身へのアプローチが重要(福田雅医師)。

対して、鵜飼建志PTは投球障害肩の主症状は肩の疼痛であり、局所へのアプローチも非常に大切である。疼痛(投球時痛)さえとれれば器質的障害が治っていなくても競技復帰は可能であるという一見相対する意見のように思える主張も結局は同意であり、局所(肩)だけを診ていてもだめだし、全身を診ても局所がおざなりになってもいけないということだと感じました。

極端な話、足底板(インソール)一つ入れるだけで運動連鎖により肩の機能が変わったり、足底腱膜をストレッチする事だけで身体が柔らかくなったり、またアクセラレーション期・リリース期・フォロースルー期に肩・肘に負荷がかかることは共通認識ですが、それ以前のトップまでもってくるテイクバック・コッキング期がその後の無理の無い運動連鎖に非常に大切であるというお話を実技をおりまぜ、投球フォームの連続写真による解説は非常に解かり易く、あっという間の3時間でした。

投球フォームに関しても色々な流派?(考え方)がありますが、どれも一理あり今回も大変勉強になることでした。
日々の日常診療と微力ながら子供達の指導に役立てて行きたいと思います。

【岐阜市の接骨院、首・肩・腰の痛み、野球肘、むち打ち、交通事故治療、酸素カプセルはヤマモト整骨院へ】

エコー 【岐阜市の接骨院、腰痛・むち打ち・交通事故はヤマモト整骨院】

  某高校硬式野球部にエコー観察に行きました。

目的は将来ある子供達の野球が出来なくなってしまう様な重篤な障害を早期に発見出来るものなら発見し、然るべき専門医への受診を促す事と数年間にかけて継続的に行いその時代時代による変化と経年的変化を調査する事です。


高校生を見てきて思う事は、身体、特に骨・靭帯が結構傷んでいるという事を感じます。しかしそれは強豪高だから傷んでいるというのではなく、小・中学生時期に酷使しての遺残がほとんどです。逆に強豪高であればあるほど監督以下、指導者の先生方も大変な知識を持っておられ選手達の身体を大切にしてみえることを感じます。

小・中学生時期に酷使するあまり、一番バリバリ出来る高校生時期に満足な練習が出来ない選手達が沢山います。

小・中学生時期に酷使していない選手ほど、伸びしろがあるような気がすると仰っていたのが印象的でした。

小・中学生時期のあり方をその子の将来の為にかんがえなければならないとあらためて感じさせられた一日でした。

検診などと呼べるような立派なものではありませんが、ご依頼があればお互い都合が合えばお伺い致します。特に小・中学生に必要性を感じます。

【岐阜市の接骨院、首・肩・腰の痛み、野球肘、むち打ち、交通事故治療、酸素カプセルはヤマモト整骨院へ】

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト