野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

LPSTプログラム

ご要望が多く、LPSTプログラム実施の際、ご希望があれば診療(施術)も受けていただけるように致しました。

その際、別料金がかかるようなことはございません。
保険証の提示も不要でございます。

東北復興野球交流試合・教室

以前、御協力いただきました東北復興野球交流試合・教室の支援金のお礼状が東北の高校球児よりぞくぞく届いております。ここにお礼を兼ねさせていただきご紹介ご報告いたします。御協力有難うございました。

また、まだまだ大変な折、ご丁寧なお礼状いただけましたことを、代表してお礼申し上げます。大好きな野球を通して皆が協力、団結し繫がりあえることをうれしく思います。

東海野球傷害研究会

昨日は第15回東海野球傷害研究会行ってまいりました。
 

 

講演Ⅰ
  投球時の傷害の多くみられるものとして後方痛があります。

後方部痛を呈するものには
1)Bennett骨棘
2)QLSS(Quadrilateral space syndrome)
3)肩甲骨内上角炎
4)リトルリーガー肩

などがあります。

そのBennett骨棘も、上腕三頭筋付着部に発生するという説と後方関節包部に発生するとしたものと分かれます。今回、杉本先生、後藤先生、武長先生らの研究によると、解剖的側面、臨床的側面から肩甲骨関節面の約7時の方向に上腕三頭筋付着部があり、後方関節包部よりもやや外方に位置し、同部位に骨棘ができることから、やはり上腕三頭筋が大きく関与すると思われるとのこと。ただ、上腕三頭筋付着もバリエーションが多彩で当然、後方関節包にも線維を伸ばしていると思われ加味する必要がある。

講演Ⅱ
 以前にもお伝えした瀬戸口先生のThrowing planeのコンセプトについてでした。
近年スポーツ科学の分野において投球フォームについて色々な研究がなされています。その中で特に今まで漠然としていたCocking phaseからAcceleration phaseでの負担のかからない、効率的なモーションを言葉の定義づけとともに講演いただきました。

・Shoulder plane
・Elbow plane
・SEA
・Under SEA
・Over SEA
・Single plane
・Double plane
・THABER concept
・Out of plane
など

・Shoulder plane : 投球時の上腕骨軸の軌跡
・Elbow plane : 投球時の前腕骨軸の軌跡
・SEA : Shoulder planeとElbow planeが一致する角度
・Under SEA : 外旋が不十分でSEAに達していない
・Over SEA : 過剰な外旋状態
・Single plane : Shoulder planeとElbow planeが一致した状態
・Double plane : Shoulder planeとElbow planeが一致していない
・THABER concept : (Total Horizontal Abduction External Rotation)股関節、体幹、肩甲骨などの運動連鎖によるトータルコンセプト
・Out of plane : 前額面上もしくは肩甲骨面上の2次元的平面から逸脱した状態

何度聞いても、分かり易くとても理にかなった運動連鎖です。
このように投げられれば、傷害発生率も下がりパフォーマンスも向上されるでしょう(球速Up)

講演Ⅲ
 近年注目されているスポーツ選手の腰椎分離症です。

成長期に多く発生し過負荷による疲労骨折です。
スポーツ種目別発生件数としては、野球が圧倒的に多く、次いでサッカーということでしたが、競技特性というよりも、やはりこの年代野球とサッカーをする子が多くその為だろうとのことでした。

伸展・回旋を強制する種目に多い。野球であれば、投球動作・バッティング動作。
スポーツ選手の9%にみられる。

発生要因は、先天的素因(後弓の低形成)+スポーツによる負荷

分離症からすべり症への進展は10~20%にみられ、
進展しやすいのは

・若年発症(小学生低学年)
・女性(弛緩性が高い)
・楔状化した椎体
・分離部の可動性

すべり症に進展すると下肢への神経症状が出現する可能性がある。

初期で発見すれば骨癒合が期待できる。CT及びMRI撮影が必要。
CTにより形状を把握する。亀裂型(角が角ばっている)、偽関節型(角が丸まっている)
MRIは骨折初期診断に有用。

病期により癒合は期待できず疼痛管理。
癒合を目指す場合、スポーツの完全中止(体育も中止)+軟性コルセットor硬性コルセット処方により3~6ヶ月。

リハビリ及び予防は
・股関節周囲筋群のtightnessを緩和(ストレッチ)
・体幹筋群の強化(特に腹筋群)

手術適応は
・分離部が偽関節型
・スポーツ継続の希望が強い
・痛みが消失しない
など

術式は
・分離部修復術
・椎間固定術

いずれの先生方にも講演の後の懇親会にていろいろお話をお伺いしました。
ご高名な名古屋スポーツクリニックの杉本先生には、OCD(離断性骨軟骨炎・外側型野球肘)の不安定性のエコー評価について。
また中日ドラゴンズチームドクターであられる、みどりクリニック瀬戸口先生は現場と医療とのギャップについて嘆いておられました(経験論的な現場と科学的な研究、解明を進める医療)。両方に関わり合いのある私には考えさせられる事であります。
また腰椎分離症は、やはり形成されても以後のスポーツ活動にそれほど支障のないことも多く、そのことがこの時期(一番活発な成長期時期)の運動の完全中止との狭間で単純なものではないということを再認識させていただきました。

水没その後

結局、携帯は有償修理になってしまいました(涙)

肥満に対する認知行動療法

近年、生活習慣病である糖尿病が増加しています。つきつめれば根本の原因は肥満にあります。

肥満について
臨床心理学的なアプローチにおいて興味深いことがありましたので紹介いたします。

肥満への
臨床心理学においてのCBT(認知行動療法)的介入

●いかなる非外科的肥満治療でも,治療後3~5年以内にはほぼすべての例で元の体重に戻っている.
●現在の肥満治療の最大の問題は,減量した体重をいかにして維持していくかである.
●減量後の再増加を阻止するには,まず減量期と体重維持期を区別する必要がある.
●減量期のうちから,体重維持という目標を受け入れることに対する抵抗を扱うことが不可欠である.
●体重維持に重点をおいた認知行動療法を行うことで,減量した体重の再増加の阻止が十分期待できる.

(野崎・小牧、2007)

いったん減量に成功しても5年以内には、ほとんどが元の体重に戻っているというのは衝撃的です。ようは体重を減らすことは一念発起して可能であるが、それをリバウンドさせず維持するのが一番大変であり、重要なことであるということである。その為には考え方として減量期と体重維持期を区別して行なっていかなければならないということです。目標の数値まで減ったらさらに減らそうとするのではなくその体重を維持してゆくプログラムを実践していくのである。そしてそれを患者さんが理解することが大切である。戻るんだったらその分を見越してもっと減らしておけばいいじゃん!などと考えてはいけないということです。そうすると必ずリバウンドしてしまうということになります。

また、ダイエットで注意しなければならないのは、ただ単に汗をかいたのでやせる!なんてことはなく、運動して筋肉量を増やすことで、それによって基礎代謝量があがり、カロリーをより消費しやすい身体になることでやせていくのです。そして筋肉量を増やしてのダイエットはリバウンドしにくく、ただ単に食事を減らしてのカロリー制限によるダイエットはリバウンドしやすいのは周知の通りです。もちろん食べ過ぎはよろしくありませんが・・・。

自戒の念も含めて。

水没

携帯電話、水没させてしまいました(涙)

汚かったので洗濯してしまいました(涙)

只今、復活を願って猛乾燥中です。なので携帯に電話やメールくださる方、当分お返事できそうにありません。お許し下さい。

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト