野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

アドヒアランス

いよいよ今年も残すところ、あと2日となってしまいました。

本当に年々一年がどんどん短くなっていくように感じられます。

今年一年を振り返ると、なんといっても東北での未曾有の災害が起こり、それによって人の繫がりの大切さを再認識させていただきました。また個人的には今年から学生にもなりとても慌ただしい、しかしとても充実した一年でもありました。来年、再来年・・・、とまだまだこの慌ただしさは続くと思いますが、数ある治療院のなかでわざわざここを選んで来てくださる患者様に対して学び続けることが使命だと思っております。そして現状に流されず正しいと思った方向へ絶えず前進・変化していくことがとても重要だと思っております。最近では少し久しぶりに来院された方にはベッドの配置などをみて「あれっ、また変わったね!」なんて良く言われます(笑)

「アドヒアランス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
「コンプライアンス」はよく聞かれると思いますが、医療界の中ではやや一般認識とは違った使われ方をします。
一般的には企業などで「法令順守」といった意味でよく使われますが、医療界では「〇〇さんはコンプライアンスが悪い!」などといった使われ方をします。「〇〇さんは法令順守が悪い?」よく意味が分かりませんね。

この場合、「法令順守」という意味でなく、「命令に従う」という意味で使われます。すなわち病院などでは特に服薬指導の時などに「〇〇さんはコンプライアンスが悪い」などと使われます。薬を飲むいいつけを守ってくれないということです。しかし最近ではこのコンプライアンスという言葉は考え直される方向にあります。それは今の説明にあるとおり、これはお医者さん主導の考え方だからです。そこで最近では「アドヒアランス」が使われるようになってきました。

「アドヒアランス」とは「患者さんが治療方針の決定に積極的に参加し治療を受ける」といった対等な立場に立ったものの考え方です。今までの「治らないのは患者さんが従わないからだ」ではなく、医師だけでなく患者さん、医療関係者も全て含めて皆で治していこう、もしくは患者さん主導になることによって、かえって結果が良くなってくるという考えです。

似たようなものにインフォームド・コンセントがあります。「説明をした上で同意を得て治療をする」といったものです。今では皆様よくご存知だと思います。しかし最近ではこれよりやや進み「インフォームド・チョイス(セレクション)」が使われるようになってきました。例えばこの病状に対してはAという治療とBという治療方法があり、それぞれこのようなメリット、デメリットが考えられる、ということをしっかりと説明、提示をしたうえで選択をしてもらう(患者さん主導で決定してもらう)というものです。

病院だけでなく、我々もそうあるべきだと思います。この症状、状態に対してどのような治療法があるのか、当院では何を提供できるのか、保険内・保険外を含めて来年はアドヒアランス、インフォームド・チョイスを目指します。

仕事は明日もう1日ありますが、今年のブログはこれが最後になるかと思います。
良いお年をお迎え下さい。
また来年もよろしくお願い申し上げます。

ヤマモト整骨院  山本幸治

勉強会

一昨日の夜は吉村接骨院(吉村真治先生)での勉強会でした。

エコーでの肘関節の観察について、稚拙ながら講師をやらさせていただきました。肘関節は野球肘などで観察することも多い場所で、またエコーはその場合とても有用性の高いものであります。

吉村先生をはじめ、他の先生方からの豊富な知識、色々な方法や意見を頂戴し、またディスカッションできとても有意義な勉強会でした。

今回は、たまたま講師という立場でしたが、いつもいつも大変勉強させてもらっています。それらを患者様に還元し日々の診療に活かせるよう努力していきたいと思っています。

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト