野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

日本超音波骨軟組織学会(JSBM)

日本超音波骨軟組織学会に参加してきました。

——————————————————————————————–

プログラム

9:10〜受付開始

9:50〜開会挨拶   富田 孝次 株式会社エス・エス・ビー

【基調講演】
司会:奥村 卓巳(愛知県)

9:50~「膝関節スポーツ外傷の診断と治療
– 半月板損傷、前十字靭帯損傷を中心に – 」

名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科   助教  野崎 正浩 先生

【シンポジウム〜膝のスポーツ外傷〜】
座長:山田 直樹 先生(愛知県)

11:00~「膝関節障害:徒手検査・測定の重要性」

奥村 卓巳 先生
      「膝蓋腱炎―血流シグナルは所見なのか」   渡辺 正哉 先生

      「膝関節外傷のポイント紹介 」   金田   晋 先生
パネリスト: 野崎 正浩 先生(名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科)
渡辺 正哉 先生(名古屋市立大学医学部TA)
奥村 卓巳 先生(おくむらスポーツ接骨院 代表、米田柔整専門学校講師)
金田  晋 先生(仁介接骨院 院長)

【症例検討〜膝スポーツ外傷〜】
座長:金田   晋 先生(愛知県)
12:30~「膝蓋腱損傷 」

渡辺 正哉 先生       「半月板損傷:超音波観察の有用性 」   奥村 卓巳 先生

      「膝関節周辺の挫傷について」   山田 直樹 先生

パネリスト: 野崎 正浩 先生(名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科)
渡辺 正哉 先生(名古屋市立大学医学部TA)
奥村 卓巳 先生(おくむらスポーツ接骨院 代表、米田柔整専門学校講師)
金田  晋 先生(仁介接骨院 院長)

13:15~休憩、昼食

【教育セミナー】

14:00~−初級編「膝の観察法」−   講師:奥村 卓巳 先生(愛知県)
インストラクター:渡辺 正哉 先生、金田   晋 先生、山田 直樹 先生

※会員外の方はインストラクターによる指導は受ける事ができませんが、
見学をする事は可能です。また、最新の超音波診断装置を並べた体験コーナーを設けますので、
自由に触る事が出来ます。

16:00~アンケートの記入

本日の感想や今後に希望される事などを記入して頂きます。

16:05~閉会の辞

富田 孝次 株式会社エス・エス・ビー

————————————————————————————————-

名市大病院、整形外科医の野崎正浩先生には、膝の半月板損傷と前十字靭帯(ACL)損傷を中心に講演をいただきました。

半月板損傷
・半月板は2割位の所までしか血管がなく、healing potentialがない。
・1万人に6~7人の割合で発生。
・1/3はACL損傷を合併。
・受傷時は外側半月板損傷が多い。
・慢性ACL損傷(緩み)ある場合、内側半月板損傷起こしやすい。
・前節の損傷-伸展位で疼痛。後節の損傷-屈曲痛および屈曲困難。治療方針上、これら症状と一致するかどうかが大切である。

○整形外科的テスト
・ワトソンジョーンズ
・マクマレー
・Aplay

○手術
基本的には鏡視下で行われる。
・切除術-90%
・縫合術-10%
・再建術-日本では行われていない。

・縫合:Inside-out法(一番オーソドックスな方法)、Outside-in法、All-inside法(便利だが、コストが高い)。

○予後
・全切(内側-圧が2倍、外側-3~4倍になりOAを助長する)
・手術前の活動レベルが得れるのは-修復:96.2%、切除:50%(初期~中期には変化ないが、長期では修復術のほうが有意によい。

ACL(前十字靭帯)損傷
・Knee in toe outにより発生するといわれている(しかし、受傷後にそのようになるという報告もある)。
・ほとんど100%近く関節血腫みられる。
・ノンコンタクトの場合は、女性に多い。
・joint luxityのある人多い。

○ACL損傷の診断
・身体所見
・画像所見(x-p、MRI)だが、画像所見よりも身体所見が大切。

○整形外科的テスト
・前方引き出し
・ラックマン
・Pivot sift(Nテスト)-外反をかけて、MCLを緊張させることが必要。

*segon骨折-外側関節包剥離骨折(ほぼ100%ACL損傷を合併している。

○治療
・RICE
・ACL装具
・リハビリ

○ACL再建
・若くて元気な人
・一重束:移植術、BTB。
・二重束:半腱様筋、薄筋。
・普通に歩けるようになるのは3ヶ月、競技復帰は8~10ヶ月(安全なラインは1年前後)

○予後
・ACL損傷後 未治療:60~100%-OAの発生。

午後からは、膝傷害に特化した形での症例検討が行われ、大変勉強になりました。

facebook

何か最近,facebookのことをよく聞くようになったのは,気のせいでしょうか.

以前より登録はしてあったのですが,ほっぽらかしでした.

ちょっと,時間に余裕もできたので,やってみようかな~,と思いだしました.

よかったら,お気軽に友達申請してみて下さい.

OARSIガイドライン

昨日は,吉村接骨院での勉強会でした.いつもながらに大変勉強になりました.

(ディスカッション中です)

変形性膝関節症には3つのガイドラインがあるようです.
OARSI,NICE,AAOS.

その中の,OARSIガイドラインについてです.

いろいろな治療法を膨大な数のエビデンスを基に,推奨度をあげています.
ガイドラインの構成としては,非薬物療法,薬物療法,外科的療法に分けて,非薬物療法と薬物療法の併用が強調されています.

「非薬物療法」としては,

・生活様式を改善する
・運動療法
・体重管理
・杖などの補助具
・リハビリテーション
・インソール
・ブレース類
・電話指導
・温熱療法
・はり,灸
・TENS

などが,検討されており,下に行くほど推奨度が低くなっています.我々施術家にとって耳の痛いことに,温熱療法以下は,推奨度65%以下で全く奨められないということだそうです.
いずれにしましても,受け身でない,能動的な行動が有効であると,推奨されています.
当院でも今後,運動療法を中心に考えていくべきだと考えています.

「薬物療法」としては

・NSAIDs
・アセトアミノフェン
・外用NSAIDs
・ヒアルロン酸関節内注射
・グルコサミン,コンドロイチン

で,やはり下にいくほど推奨度は低い.
よく患者さんに聞かれるグルコサミン,コンドロイチンは,残念ながら推奨度65%以下で否定的です.
意外だったのが,アセトアミノフェン(小児のかぜ薬などによく入っているやつですね)が高く,ヒアルロン酸関節内注射の推奨度が,低かったことです.日本の中での解釈と少々違う点があるようです.

「外科的療法」としては

・人工関節全置換術
・骨切り術
・関節腔内洗浄

で,人工関節全置換と骨切り術は推奨度100%です.

日本人は,「手術したくないから,旅行に行くのをあきらめる」
外国の人は,「旅行に行きたいから,手術する」が印象的でした.

甲子園

今日は、19日(日曜日)。

当初の予定では甲子園に行く予定でした。

そう、県岐商が勝ち進み、今日、試合があるという希望的観測でした。

しかし、、残念な結果になってしまったので(涙)、少年野球→自身の草野球→少年野球と、また野球三昧の1日でした。

(写真はイメージ)

しかし桐光学園の松井君は凄いですね。

あの躍動感あふれる投球フォームはとても魅力的です。

キャンプ

お盆休みをとらせていただき、家族でキャンプに行ってきました。

患者さんに教えてもらった福井県の鞠山キャンプ場という所です。
海水浴場にオートキャンプ場が併設された所で、海水浴はもちろん、釣りも出来てしまいます。

しかしこの日は、あいにくの天気で、突然の豪雨が降ってきたり、夜中などは台風のような暴風雨に見舞われ、とても大変でした。下手くそな立て方だったので、ペグも抜けてしまい、タープが飛んでいってしまいそうになり、夜中じゅう嫁さんと2人で支柱を支えてました(怖)。
そんな中、子供たちは最初「こわい、こわい」と怯えてましたが、気付いたらいつのまにやらテントの中で爆睡してました(ある意味すごい)。

しかし日中は、比較的天気も落ち着いてくれて、海水浴と釣りを楽しめました。

釣りが大好きな嫁です。スッピン、髪ボーボー、なので後ろ姿です。

釣果です。
えっ!これっぽっち!

ではありません。豆アジ、サヨリなど、ちびっちゃいのばかりでしたが、トータルしたら100匹近く釣れました。
夜ごはんにしたのは言うまでもありません。

ブログの更新

毎日,暑い日が続きますね.

ロンドンオリンピックも佳境に入り,寝不足の方も多いのではないでしょうか.

最近,“ブログの更新が少ないっ!”とよく指摘されます(謝).

やっと,夏休みに入りました!そう,半分は学生でもある身であり,恐怖のレポートラッシュをこなして,20数年ぶり?(正確には昨年からですが)かの夏休みに開放感いっぱいでございます.そして,この期間にブログをいろいろ書こうかな~,なんて思っていました.しかし,今度は近々の学会発表の準備に追われることになってしまいました(泣).

今しばらく,おゆるしください(謝).

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト