岐阜市の接骨院はヤマモト整骨院へ
HOME>院長のつぶやき

院長のつぶやき

日本超音波骨軟組織学会(JSBM)
日本超音波骨軟組織学会に参加してきました。


--------------------------------------------------------------------------------------------

プログラム

9:10〜受付開始

9:50〜開会挨拶   富田 孝次 株式会社エス・エス・ビー

【基調講演】


  司会:奥村 卓巳(愛知県)

9:50~「膝関節スポーツ外傷の診断と治療
                - 半月板損傷、前十字靭帯損傷を中心に - 」

  名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科   助教  野崎 正浩 先生

【シンポジウム〜膝のスポーツ外傷〜】


  座長:山田 直樹 先生(愛知県)

11:00~「膝関節障害:徒手検査・測定の重要性」

  奥村 卓巳 先生
      「膝蓋腱炎―血流シグナルは所見なのか」   渡辺 正哉 先生

      「膝関節外傷のポイント紹介 」   金田   晋 先生


パネリスト: 野崎 正浩 先生(名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科)
       渡辺 正哉 先生(名古屋市立大学医学部TA)
       奥村 卓巳 先生(おくむらスポーツ接骨院 代表、米田柔整専門学校講師)
       金田  晋 先生(仁介接骨院 院長)

【症例検討〜膝スポーツ外傷〜】


  座長:金田   晋 先生(愛知県)

12:30~「膝蓋腱損傷 」

  渡辺 正哉 先生       「半月板損傷:超音波観察の有用性 」   奥村 卓巳 先生

      「膝関節周辺の挫傷について」   山田 直樹 先生

パネリスト: 野崎 正浩 先生(名古屋市立大学大学院医学研究科 整形外科)
       渡辺 正哉 先生(名古屋市立大学医学部TA)
       奥村 卓巳 先生(おくむらスポーツ接骨院 代表、米田柔整専門学校講師)
       金田  晋 先生(仁介接骨院 院長)
13:15~休憩、昼食

【教育セミナー】

14:00~−初級編「膝の観察法」−   講師:奥村 卓巳 先生(愛知県)
  インストラクター:渡辺 正哉 先生、金田   晋 先生、山田 直樹 先生

   ※会員外の方はインストラクターによる指導は受ける事ができませんが、
   見学をする事は可能です。また、最新の超音波診断装置を並べた体験コーナーを設けますので、
   自由に触る事が出来ます。

16:00~アンケートの記入

    本日の感想や今後に希望される事などを記入して頂きます。

16:05~閉会の辞

   富田 孝次 株式会社エス・エス・ビー

-------------------------------------------------------------------------------------------------




名市大病院、整形外科医の野崎正浩先生には、膝の半月板損傷と前十字靭帯(ACL)損傷を中心に講演をいただきました。

半月板損傷
・半月板は2割位の所までしか血管がなく、healing potentialがない。
・1万人に6~7人の割合で発生。
・1/3はACL損傷を合併。
・受傷時は外側半月板損傷が多い。
・慢性ACL損傷(緩み)ある場合、内側半月板損傷起こしやすい。
・前節の損傷-伸展位で疼痛。後節の損傷-屈曲痛および屈曲困難。治療方針上、これら症状と一致するかどうかが大切である。

○整形外科的テスト
・ワトソンジョーンズ
・マクマレー
・Aplay

○手術
基本的には鏡視下で行われる。
・切除術-90%
・縫合術-10%
・再建術-日本では行われていない。

・縫合:Inside-out法(一番オーソドックスな方法)、Outside-in法、All-inside法(便利だが、コストが高い)。

○予後
・全切(内側-圧が2倍、外側-3~4倍になりOAを助長する)
・手術前の活動レベルが得れるのは-修復:96.2%、切除:50%(初期~中期には変化ないが、長期では修復術のほうが有意によい。


ACL(前十字靭帯)損傷

・Knee in toe outにより発生するといわれている(しかし、受傷後にそのようになるという報告もある)。
・ほとんど100%近く関節血腫みられる。
・ノンコンタクトの場合は、女性に多い。
・joint luxityのある人多い。

○ACL損傷の診断
・身体所見
・画像所見(x-p、MRI)だが、画像所見よりも身体所見が大切。

○整形外科的テスト
・前方引き出し
・ラックマン
・Pivot sift(Nテスト)-外反をかけて、MCLを緊張させることが必要。

*segon骨折-外側関節包剥離骨折(ほぼ100%ACL損傷を合併している。

○治療
・RICE
・ACL装具
・リハビリ

○ACL再建
・若くて元気な人
・一重束:移植術、BTB。
・二重束:半腱様筋、薄筋。
・普通に歩けるようになるのは3ヶ月、競技復帰は8~10ヶ月(安全なラインは1年前後)

○予後
・ACL損傷後 未治療:60~100%-OAの発生。



午後からは、膝傷害に特化した形での症例検討が行われ、大変勉強になりました。











投稿者 ヤマモト整骨院 (2012年8月26日 22:10) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :