野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

バランスWiiボード、重心動揺計化その2

前回の重心動揺計以外にも、バランスWiiボードを使った物はあるようです。
開発された方のご厚意でネット上に公開されています。

今回は重心動揺とともに動的バランスやフォースプレートとしても使えるプログラム(http://www.eonet.ne.jp/~rpt/ リハビリテーションツール研究会様)に挑戦しました。

またもや途中躓きましたが、何とかできました。

そしてその数字の羅列であるデータを、簡単な操作でグラフ化させる方法まで載っています。患者さんに分かりやすく示すことができます。世の中には奇特な方がみえるものです(http://goonatorip.blogspot.jp/2013/03/wiipc.html ありがとうございました。)

これも躓きながら何とかできました。

こんな感じです。

お年寄りなどは、転倒してケガをされて来院します。そのケガを治すことはもとより、少しでも転倒しにくい状態にまで持っていくのも我々の仕事です。

このバランスWiiボード、何か役に立ちそうです。

レーザー光線治療、スーパーライザー、星状神経節近傍照射。

当院では、レーザー光線治療であるスーパーライザー(http://www.tokyoiken.co.jp/product/)も積極的に使用しております。

スーパーライザーは直線偏光近赤外線治療器といわれています。
①直線偏光処理した光は傷を早く治す力がある。
②近赤外線は体の中に一番深くまで届く光である。
(東京医研(株))最新のスーパーライザーPXはパルス照射を採用することで、最高10Wの高出力が可能となり、深い患部まで確実に到達し複数の波長帯に係る生体効果が期待できるようです。

筋、神経や関節の痛みの除痛はもとより、皮膚科領域や歯科領域、麻酔科領域(ペインクリニック)などでも多くの報告(http://www.tokyoiken.co.jp/library/up_img/1245642224-247260.pdf)があり、採用されています。特に痛みに対して治療を行うペインクリニックでは、星状神経節ブロック療法がありますが、ノドの近くにブロック注射を打つため、体への侵襲が否めず、より安全なスーパーライザーを使用した星状神経節近傍照射が有名です。

人間の体はストレスを受けると、自律神経の交感神経が興奮し血管を収縮させます。
血管が収縮し血流が滞ると、さまざまな痛みや体の不調が出現するといわれています。星状神経節ブロックや星状神経節近傍照射は、この交感神経過緊張状態を緩和し免疫力や自然治癒力を増大させ、種々の症状を緩和に導きます。

また他にも、交通事故などによるムチウチでの頑固な症状に対するK点ブロックなど、スーパーライザーの応用範囲は多岐にわたります。

当院では、最新のスーパーライザーPX TypeⅡを採用し施術の一助としております。
(保険適応外の症状に対する星状神経節近傍照射は実費(1,500円)申し受けます。)

 

バランスWiiボード、重心動揺計化

ここ1週間、あることにはまってます。

表題のとおり、バランスWiiボードの重心動揺計化です。

Wiiはご存じのとおり、家庭用TVゲーム機です。
最近みえた患者さんはWiiのリモコンやバランスボードが置いてあるのをみて、「先生、何遊んでんの!」と思われたかもしれません(汗)。しかし、このWiiのセンサー、かなりのものが搭載してあるようで、大学研究室にある通常180万円程度する重心動揺計と遜色ないとの研究発表もいくつかあるようです。
http://www.mendeley.com/catalog/validity-reliability-nintendo-wii-measuring-standing-balance/
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S096663620900664X
関連
http://www.eonet.ne.jp/~rpt/

調べてみると、日本でも特に理学療法分野で活用してみえる方が散見されます。
http://www.fukechiba-hp.jp/introduction/effort/wii.html
http://www.eonet.ne.jp/~rpt/
http://www.interaction-ipsj.org/archives/paper2012/data/Interaction2012/interactive/data/pdf/2EXB-48.pdf

早稲田大学でも研究されてます。
http://www.vision.phys.waseda.ac.jp/students/wii/WiiFit.pdf

こんなのもあります。
http://netscale.cse.nd.edu/twiki/bin/view/Main/Rehab

研究室レベルでのフォースプレートとの比較でも十分な信頼性と妥当性。
http://www.bewegingstechnologie.com/wp-content/uploads/downloads/2011/09/science.pdf

というわけで、連日、深夜まで格闘。
IT得意とは言えない私は、何度も躓き、パソコンを窓から外へ放り投げたくなる衝動を幾度となく思い留まりながら、やっとここまでできました。

プログラムを提供して頂いた富家千葉病院様ありがとうございます。

バランスボードを用いての重心動揺計測やWiiリモコンを用いて3次元動作解析ができるようです。これはすごい!

 

こんなことや

さらにはこんなこともありかも
高齢者の転倒防止トレーニングやスポーツ選手のバランス能力の向上に役立てられそうです。
そして、その結果を評価し検証していくことが、的確に成果を上げて行くには大切で、必要不可欠なことだと思います。

とりあえず散布図にしてみました。

時間軸でのグラフ化。

今回はここまで。
来週は動的バランス能力やフォースプレート化に挑戦!

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト