野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアで悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

そしてその症状の解消は当院の最も得意とするところでもあります。

今日はその椎間板ヘルニアについて。

 

 

椎間板ヘルニアとは

椎間板は腰椎の椎骨と椎骨の間にあり背骨のクッションの役目をします。この椎間板が変性して中心部にある髄核が後ろにとびだしてくると、脊髄神経を圧迫して様々な症状(腰痛、足のしびれ、麻痺など)が出現します。

 

 

椎間板

 

 

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)では、主に手の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。ヘルニアの場所によって痛みやしびれが出る場所は違い、首筋や肩甲骨の辺りが痛くなることもあります。ヘルニアが大きい場合には足もしびれる、歩きにくいといった症状が出ることもあります。

 

 

腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)では、主にお尻や足の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。痛みやしびれは下半身のどこにでも出る可能性がありますが、特にお尻から太ももの裏側の痛みは坐骨神経痛と呼ばれ、腰のヘルニアの代表的な症状です。

 

 

手足の症状が出る前に、首や腰の痛みだけを感じることもあります。急に症状が出ることもあれば、徐々に出ることもあります。

 

 

首のヘルニアでも腰のヘルニアでも、神経が非常に強く押されている場合にはおしっこやお通じが出にくい、漏れてしまうという症状が出ることもあります。

 

 

なぜ椎間板ヘルニアになる?

 

椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への強いねじれと圧力です。椎間板は、髄核と呼ばれる軟らかい組織と、それを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織でできています。椎間板に大きな負担がかかると線維輪が破綻し、そこから軟らかい髄核が突出してきます。そして突出した髄核が神経に当たると様々な症状引き起こすのです。前述の通り、椎間板への負担が椎間板ヘルニアの主な原因ですが、喫煙や遺伝なども発症に関わると言われています。

 

 

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが、急に重い物を持ち上げる、中腰といった日常の動作、激しいスポーツなどの腰への負担がきっかけとなることが少なくありません。また、喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

 

 

 

診断
診断は病院で症状、経過、身体の診察の結果、レントゲン、MRI検査などを総合して判断されます。ヘルニアを目に見える形で確認するにはMRI検査が有用です。MRIでは椎間板ヘルニアの場所、大きさ、形、神経がどれだけ押されているかなどがわかり、放っておいても治りやすいものか、どのような治療がふさわしいか等。その他にCT検査や造影剤というレントゲンに写る薬を注射する検査などを行われることもあります。

 

 

治療

椎間板ヘルニアの多くは数か月で自然に小さくなり、症状が軽くなると言われています。飛び出した椎間板ヘルニアが完全に無くならなくても、神経に当たらなくなったり、押されていた神経の炎症が治まったりすると症状は軽くなると考えられます。

症状が長引くような場合、病院では手術を検討することになります。

 

 

 

当院では

ただ手術は可能な限り避けたいと思うのが心情です。決してリスクが無いわけではありませんから。

そういうときには一度当院へいらしてみてはどうでしょうか?

病院で椎間板ヘルニアと診断され、治療を行うも中々改善されず当院へお見えになる患者様多くいらっしゃいます。

病院のリハビリとはまた違ったアプローチをすることで中々治らなかった症状が改善されることもしばしば見受けられます。

 

 

年配の方であっても、特殊物療+手技療法+運動療法で解消されること多いですよ!

 

 
2019-10-09 11.13.38

 

 

2019-10-09 11.17.14-1

 

 

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト