野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

低酸素トレーニング

低酸素トレーニングセミナー

 

昨日は低酸素トレーニングのセミナーに行ってまいりました。

当院ではMCCⅡ(マルチカフケアⅡ)を用いて低酸素トレーニングを行っております。

 

 

f0c4f5f9b8642faafe986af79d46415f

 

 

 
MCCは医師・医学博士であられるふく田整形外科の福田博司先生が開発されました。

福田博司先生は長年加圧トレーニングに関わり研究され、その効果をより有効に発揮させるため、米国・ヨーロッパで行われていたRIC(駆血療法)を臨床に導入し短時間で自動調圧が出来るマルチカフを考案。そしてマルチカフにすることで、従来の加圧トレーニングよりもより安全性の高い低酸素トレーニングを可能にしました。

 

 

 

RICとは

Regional & Remote Ischemic Conditioningの略で、局所的・遠隔的虚血操作です。

血流を一時的に止め、ふたたび開放(再灌流)させることで全身の血管および毛細血管の血流を増大させます。それにより今まで中々治りづらかった関節の痛みや筋肉の痛みが解消されたりするのです。

 

 

 

 

そしてRICは血流を改善させ、「虚血耐性」を獲得することができます。

脳血管障害や心筋梗塞などの虚血疾患もRICを行っていると軽くすむということが報告されています。

(Ishihara, M. et al. : J. Am. Coll. Cardiol., 30 : 970 – 997, 1997.  )

(Ishihara, M. et al. : Am. J. Cardiol., 92 : 288 – 291, 2003.)

 

 

MCC カタログ_ページ_3

 

 

 

血流を改善させるので、冷え性にも効果が高く、当院でも足のむくみ改善や就寝中のふくらはぎのつりが解消された!などは良く聞かれることです。

 

 

 

またRIC20分で高地トレーニングと同等の効果があるといわれています。

高地トレーニングとは、高地のような低酸素、低圧の条件下でトレーニングすることで、赤血球の数が増え、酸素の摂取能力と供給能力が増大するため、有酸素エネルギー代謝能の増大効果が見込めるものです。

RICを5分4セット(20分間)で高地トレーニング1ヶ月分に相当するといわれています。

 

 

 

 

またMCCはMCトレーニングといって、いわゆる加圧トレーニングも行うことが出来ます。

 

 
MCC カタログ_ページ_4

 

 

 

 

加圧トレーニングは短時間で速筋を鍛えることが出来ることで一世を風靡しました。

加齢により筋力は大幅に減少します(サルコペニア)。それにより転倒しやすくなり大けがを起こし、寝たきりとなり、寿命を縮めてしまうのです。

その大幅に減少する筋肉は大きな筋肉である速筋線維です。通常、速筋線維はバーベルを持ち上げるなど、かなりの負荷をかけないと鍛えられませんが、組織を低酸素状態でトレーニングすることにより、軽い負荷で速筋線維の動員を増大させることができます。すなわち高齢者でも無理なく速筋線維を鍛えることが出来るのです。

 

 

MCC カタログ_ページ_5

 

 

 

 

また成長ホルモンの分泌も促進されるためダイエット効果も見込めます。

このように、MCトレーニング(加圧トレーニング)は、健康増進・リハビリ、ボディメイク、パフォーマンスアップができます。

 

MCC カタログ_ページ_6

 

 

 

こんな感じで頑張ります^^

MCC

 

低酸素トレーニングはしっかりと資格を持った人に指導を受けて下さい。

 

 

当院ではMCA学会に所属し、認定資格を持った者が指導を行いますので安心してご受療いただけます。

 

 

2019-11-11 15.43.21

 

2019-11-11 15.43.27

 

 

 

 

 

 

岐阜スゥープス

当院では、今年度より岐阜スゥープス(https://www.gifu-swoops.com/)をサポートしています。

 

 

 

岐阜スゥープスはBリーグB3に所属するプロバスケットボールチームです。

B2、B1への昇格目指して頑張っています。

 

 

 

 

2019-08-05 17.45.20

 

 

 

 

写真は選手兼チームマネージャーの田中昌寛選手とアヴェロン・ジュニア(ニックネーム:AJ)選手です。

AJは今季新入団の期待の選手です。大きいですね、AJの下腿だけでボクの上肢と同じ長さありました^^;

 

 

 

 

 

2019-08-09 22.37.48

 

 

 

 

 

より充実したサポート行えるように、同業の先生方とともにチームを組んでサポートしております。

皆様、是非応援の方よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏季、お休みのお知らせ

2019-08-02 20.53.44

 

8/11(日)~14(水)まで、夏季お休みとさせて頂きます。

15(木)より平常通り行います。

 

 

よろしくお願い申し上げます。

高校野球、解説デビュー?

岐阜の高校野球もいよいよ大詰めになってきましたが、相変わらず雨が多く、日程も中々順調に進みませんね。

 

 

先般、高校野球の解説をオファーされ、無事?にやってまいりました。

最近、急にテレビ出演が…

いずれもなぜかケーブルテレビですが。

 

 

2019-07-17 23.03.07

 

 

まあ、解説といっても、OB解説者なので、試合の内容に関する本格的な解説ではなく、求められていたのは、「この選手はどういった特徴の選手でしょうね~?」と聞かれ、「う~ん、そうですね~、この選手は元気が良くてチームのムードメーカー・・・」といった具合に主に選手のことを答える解説者ですね。

 

 

岐山高校関係者として、岐山vs岐南工の試合の解説を行いました。

 

 

へぇ~、テレビ放映って

こんな風になってんだ~って勉強になりました。

で、実際の解説がどうだったか?

リハをおこなった時は、相手の岐南工の解説者の方、非常にお上手で聞かれたことに理路整然と答えられていました。一方で私は単語ばかりで文章にならず、焦りました^^;

 

 

なので本番は開き直っちゃいました。

自分の中では、まあ、初心者にしては上出来だろうと、75点くらいかなと思い帰宅したところ、TV放映を見ていた奥様に散々ダメ出しを💦

「そうですね、そうですね」連発、「お前はそうですね君か!」と。また、「アナウンサーは話しを切りたがってんのに、一人でしゃべりすぎやろ!」と。

その晩は落ち込みました。

 

 

しかし、次の日に放映を見ていて下さっていた患者さんがお見えになり、お褒め下さいました。中々良かったと!何人かの患者さん皆良かったと言った下さいました。中には「プロ並みだよ!」とまで言って下さる方まで。フンッ!見たかヨメ!

 

 

前述したとおり、役目は選手の特徴などを解説することだったのですが、途中でそれだけではつまらなくなり、また、リハの時に聞かれたことだけ答えていれば良かったですか?とお尋ねしたときに、いえ、それ以外もどんどんしゃべっていただければ助かりますとアナウンサーの方が仰っていたこともあり、試合の内容についてしゃべりたくなっちゃったんです。もういいや好きにしゃべっちゃえ!こんな機会も中々ないから(笑)と。家でビール片手にプロ野球見ながら「ここはね~、次の球、外へ落とせば三振取れますよ~」ってな具合で。

 

 

なので、ほんとに面白かったです。

でも、本当に「そうですね~」は連発してました^^;

 

 

解説のことに必死で、肝心の試合はどうだったかというと、残念ながら岐山高校は負けちゃいました。

雨で順延になったりでバタバタ怒濤の週末でしたけれども、ウチの長男所属の高専野球部も負けてしまい、あっという間に2日間で我が家の夏は終わってしまいました。

 

 

また、秋にリベンジですね。

そして来年の夏は岐山、高専ともに、もっと長く楽しませて下さいね。

 

PayPay

キャッシュレス化に伴い、当院でもカード決済対応を準備しています。
先ずはPayPay使えるようになりました。

 

 

2019-06-27 16.49.53

CCN(ケーブルテレビ)さんの取材受けました。

当院には小学生から高校生まで投球障害の子が多く来院しています。

 

野球をやっていて肩・肘を壊すということは良く聞かれると思いますが、成長期に肩・肘に障害を起こすのは、大きく分けると以下の3つの原因があると考えています。

 

1. 投球数

2. 投球強度

3. 投球フォーム

 

1の投球数は、もちろん投げる球数です。最近やっと学童野球や高校野球でも球数制限の話が出てきましたね。よく、昔バリバリと野球をやっていた指導者の方や親御さんが言われるのは、「昔はそんなこと構わずジャンジャン投げてたけど、ボク等の時代には痛いなんていうことなかった。今の子は弱いのかね~」。

 

多分、昔から障害はあったのだろうと思います。しかしその当時我々がやっていた少年団の頃は一学年30~40人近い選手がいて一学年でAチーム、Bチーム作れる時代でした。しかし今では6学年で1チーム出来るのがやっとという小学校も少なくありません。当時は痛がっている子が居ても目立たなかっただろうし、試合数も今ほど多くなく、守備練習をしたにしても人数が多いためボールを投げる数が少なかったはずです。しかし今の時代の少年野球は試合数も多く、主力となればピッチャー、キャッチャー、次はショートとフル回転です。必然的に投げる数は多くなってしまいます。

 

野球の肩・肘は消耗品と言われており、投球過多になるとやはり肩・肘に障害を起こしてしまいます。

 

 

 

 

 

2の投球強度というのは、そんなに球数を投げていなくとも、全力投球ばかりしていれば当然肩・肘は壊れてしまいます。

 

図1

Freisig(1995)

 

よく全力で投げなければ肩は強くならない、思いっきり投げて肩を強くしろ!なんて声を聞いたりすることもありますが、残念ながら強く投げても肩は強くなりません。筋組成がある適応はしてきますけどね。

Freisig(1995)らは一球投げる毎に肘への外反ストレスは大人で64Nm、子どもで27Nm、肩では67Nmかかるとしています。

ニュートンで言われてもよく分かりませんが、重さにしてボール150球分と言われています。

 

 

図2

 

 

 

そのように考えてみると全力で投げてばかりはやはり怖いですね。子どもであればあるほど投球時、強弱の加減できません。

 

 

 

 

3の投球フォームは当然、肘下がりのような不良フォームであれば、障害を起こしやすいのは周知ですね。ただ、医療サイド側が投球フォームにまで踏み込むのは賛否有ろうかと思います。しかし私は投球障害を無くす、もしくは減らすためには投球フォームまでの介入が必要不可欠と考えております。

 

そこで、原理・原則に基づいた理にかなった動作を行えば、パフォーマンスの向上と障害の予防は両立するという理念の元、投球フォームの改善指導を別時間にて希望者に行っております。

 

 

投球フォーム改善指導 ポスター

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、その当院の投球フォーム改善指導を、先日、CCN(ケーブルテレビ)さんが取材に来て下さいました。

 

 

2019-06-04 15.14.07

 

 

 

DSC_0087

 

DSC_0088

 

 

 

2019-06-04 16.21.11

 

 

 

DSC_0093

 

 

 

 

少々お恥ずかしいのですが、放映時間は

 

img007

 

です💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院、初めての方へ

当院では接骨院としてのコンプライアンス(法令遵守)を厳守し、外傷ではない症状は自費(特別施術として)にて施術を行わせていただいております。

 

当然、自費ゆえに一回の施術費はそれなりのお値段(高額)となってしまいます。

 

しかし繰り返しお見えの患者様には、その内容と価値をご理解ご納得いただきご愛顧頂いております。

 

しかし当然ながら初めての患者様におかれましては、その内容など比較しようもなく、ましてやホームページ上で見ず知らずのものを検討(お試し)するには、初期投資として6,800円(特別施術代:初検料2,000円+施術料4,800円)はリスキーなものであるともいえましょう。

 

そこで当院では、当院のことを真に知って頂くために、初めての方(毎月先着20名様)限定にて特別施術の料金を3,800円(初検料0円+施術料1,000引き)とさせていただきます。

 

 

特別施術は、しっかりと患者様のお時間を確保するために予約制となっておりますので、お電話(058-297-1779)にて「初めてですがホームページを見ました。」とご予約をお取り下さい。

 

 

申し訳ございませんが既存の患者様の予約時間を確保するためにも、毎月先着20名様限定とさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

 

どうぞお待ちしております。

Special スポーツケア

要望多く、このようなこともやっております。

 

 

 

スペシャルスポーツケア

 

 

通常施術時間帯での予約制になりますので、電話(058-297-1779)連絡の上、お越し下さい。

 

特別施術 その2

特別施術に対するよくある質問です。

 

Q. 特別施術とは、どういうことをするのですか?

 

A. 特別施術だからといって非常に特別なことをするわけではありません(笑)。その患者さんにとって必要なことを当たり前に行います。それは我々は患者様の健康に関わり、そしてそのお身体をみさせていただく訳ですから、根拠に基づくということが根底になくてはなりません。非常に奇抜でトリッキーな理論は皆様の目をそそるかもしれません。例えば、万病の原因は○○にあった!これを治せば全て治ります!みたいな。でも実際はほとんどそんなことは無いわけです。たまには治ったりすることもあるでしょうが。

また、保険施術ではその必要なことでさえもできないときもあります。例えば、野球をしていて肩を負傷したとき、多くは肩だけみていても根治となりません。下半身、体幹から腕への運動連鎖が破綻した投球フォームに根源があるということも多く、肩だけを施術して治るものではないことは自明です。しかし保険施術でゆるされているのは基本その負傷部位のみへの施術なわけです。保険制度を使った治療は皆が平等に医療を受けることができるように、最低限の範囲だけを保険がカバーするということが原則にあるからです。それ以上のより高度な治療や施術を受けようと思ったら保険外ということになるわけです。

 

 

逆に言えば、特別施術においては、部位に縛られることなく全体を俯瞰した視点で施術が行えるのです。

また、予約制にて時間を確保して行うことで、一人一人にしっかりと向き合い、患者様の症状、状態に合わせ計画的に施術が行なうことができ、より満足度の高い施術が行えることで最近では多くの方にご利用頂くこととなっております。

 

 

ご年配の方々の喫茶店と化した病院待合室を揶揄した「最近、近所の○○さん見かけないけど、元気なのかね?」は有名な一コマですが、ズルズルと治療を漫然と長期間行うより、1回毎の料金としては高くなってしまいますが、その患者様のライフスタイルに合わせた無理のない計画を立て、一回毎により高度な施術を行うことで治療回数も少なくなり、トータル的にはかえってご負担が軽くなることと考えております。

 

 

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト