野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

JSBM 日本超音波骨軟組織学会 第19回学術総会

一昨日はJSBMの学術総会。

前日には理事会があり、土曜日午後の仕事をお休みさせていただき、両日出席してまいりました。

 

 

 

 

2019-10-27 09.31.14

 

 

 

第19回 日本超音波骨軟組織学会 学術総会(全国大会)日程表

開催日時:2019年10月27日(日) 9時45分 ~ 17時00分まで
会  場:富士通システムラボラトリ4階 大会議室(大阪市中央区城見2-2-6)

 9:00〜  受付開始

 9:45〜  開会の辞      澤田 規 大会長(京都府)

 9:50〜  会長挨拶      山田 直樹 学会会長(愛知県)

10:00〜  基調講演      座長:澤田 規 大会長(京都府)
『なぜ怪我をするのか? -スポーツ動作を診る-』
芦屋中央病院 整形外科 迫田 真輔

          ▼

11:00〜  研究発表 第1部  座長:大原 康宏 (福岡県)、奥山 建志 (大阪府)

*印が発表者(演者)

1)「有鉤骨鉤骨折に対する超音波画像の描出方法」
まぶち鍼灸接骨院
*馬渕 正洋(静岡県)
2)「膝深屈曲位での前方走査の有用性」
たけだ整骨院
*梅田 和典(北海道)
・武田 哲也(北海道)
3)「足底腱膜の厚さに影響を及ぼす因子の検討
―超音波画像診断装置を用いたBMIおよびアーチ高率との関係性―」
宝塚医療大学
*立山 直(大阪府)
・澤田 規(京都府)
4)「腰部における肉離れに関する一考察」
やわらぎ接骨院
*奈須 崇倫(宮崎県)
5)「第2中足骨骨幹部骨折の治癒経過と固定法の 考察」
大川学園医療福祉専門学校
*原田 武彦(東京都)
はらだ鍼灸整骨院
・原田 知彦(東京都)
6)「方形回内筋signにおけるエコーの有用性」
たむら鍼灸接骨院グループ
*棚橋 直樹(大阪府)
・宇野 智也(大阪府)
・吉村 郁人(大阪府)
・山根  款(大阪府)

          ▼

12:30〜  昼食、休憩

- 評議員会開催(8階セミナールームC) -

13:30〜  研究発表 第2部  座長: 山本 幸治 (岐阜県)、勝田 淨邦(福岡県)

*印が発表者(演者)

7)「正中神経のUS評価ならびにアプローチ法の一考察」
瑞穂接骨院・瑞穂スポーツ鍼灸治療院
*浅野 芳嘉(愛知県)
・山田 直樹(愛知県)
・成田 樹哉(愛知県)
・江間 大智(愛知県)
・橋本 高侑(愛知県)
8)「当院で経験した肩関節外傷の一症例 -想定外の受傷原因で学んだ安全性について-」
もずがはな整骨院
*河本 勝成(岡山県)
9)「高度認知症を有する上腕骨外科頚骨折の1症例」
まえだ鍼灸整骨院
*前田 尚利 (三重県)
おくやま整骨院,宝塚医療大学保健医療学部
・奥山 建志(大阪府)
宝塚医療大学保健医療学部
・澤田 規 (京都府)
10)「鼻骨骨折の整復確認における指標の検討 ―ウォーターバックを使用した補助的指標の考察―」
宝塚医療大学保健医療学部
*池田 財(大阪府)
おくやま整骨院,宝塚医療大学保健医療学部
・奥山 建志(大阪府)
宝塚医療大学保健医療学部
・澤田 規 (京都府)
11)「上腕部外傷性骨化性筋炎の症例 ―早期復帰を超音波観察により判断できたケース―」
千里三浦整骨院
*三浦 良平(大阪府)
12)「外傷性膝蓋骨脱臼の超音波画像描出の症例 -MPFL評価法開発の試み-」
おくやま整骨院
*玉置 時也(大阪府)
おくやま整骨院,宝塚医療大学保健医療学部
・奥山 建志(大阪府)
おくやま整骨院
・原口 卓人(大阪府)
まえだ鍼灸整骨院
・前田 尚利 (三重県)
もりよし整骨院
・守永 和哉(大阪府)
宝塚医療大学保健医療学部
・澤田 規 (京都府)
13)「散乱体解析法を用いた骨折治癒過程に対する定量化の試み
-超音波Bモード画像のマッピングから-」
もりよし整骨院
*守永 和哉(大阪府)
おくやま整骨院,宝塚医療大学保健医療学部
・奥山 建志(大阪府)
豊橋技術科学大学
・穂積 直裕(愛知県)
本多電子研究開発本部
・小林 和人(愛知県)
宝塚医療大学保健医療学部
・澤田 規 (京都府)
島根大学
・宮崎 亮 (島根県)

          ▼

15:10〜  教育セミナーの部  講師:金田 晋 学会認定講師(愛知県)
「教育セミナー」-(肩関節)-
インストラクター
山根  款(大阪府)、今西 博昭(兵庫県)、守永 和哉(大阪府)、
玉置 時也(大阪府)、前田 尚利(三重県)

          ▼

16:50〜  優秀発表(最優秀賞、優秀賞)の表彰

竹市 勝 学会副会長(東京都)

17:00〜  閉会の辞、連絡事項

 

 

 

 

 

 

2019-10-28 16.11.162019-10-28 16.11.22 2019-10-28 16.11.40

 

 

 

基調講演は芦屋中央病院の迫田真輔先生。

「なぜ怪我をするのか? -スポーツ動作を診る-」

 

 

 

よく怪我をすると

・身体が硬いからだ

・筋力が無いからだ

・疲労が溜まっているからだ

なんていわれます。

 

 

 

では、なぜ身体が硬いと怪我をするのでしょうか?身体が柔らかければ怪我しないのでしょうか?

このようなテーマにてご講義いただきました。

 

 

なぜ身体が硬いと怪我をするのか?

これに正確に答えられますでしょうか?

 

 

 

大変興味深い内容で、正に我々が考えなければならない内容。

怪我を治すことも大事ですが、怪我しないような身体作りや不良動作の是正。

大変勉強になりました。

 

 

 

今回で19回目の学術総会、研究発表も過去最高の13演題が集まり、研究発表の第2部では、役不足ではございますが、座長も務めさせていただきました。

 

 

 

発表内容も年々レベルアップしていること感じます。おいていかれないように日々精進です。

大変勉強になりました。

ばね指、弾発指、腱鞘炎、バネ指

ばね指

 

MSDマニュアルより

ばね指では、手の指が曲がった位置で動かなくなります。指を曲げるための腱の1つが炎症を起こして腫れると、指が動かなくなり、手のひらに目立つ結節を伴うことがよくあります。正常であれば、この腱は指の曲げ伸ばしの際、周囲のさやに滑らかに出入りしています。ばね指の場合、炎症を起こした腱は、指を曲げたときにさやから出ることはできます。しかし、腱の腫れがひどくなると、指を伸ばそうとしたときに簡単にさやの中に戻れないため、指が動かなくなります。指を伸ばすには腱の腫れた部分をさやに無理やり押し込まなければならず、指を引っ張ったときのような弾ける感じがします。

ばね指
 (プロメテウス解剖学より)

 

 

 

 

 

 

 

エコーで屈筋腱の滑動性を見ることができます。
分かりづらいですが、A1プーリー(さや)のところで滑りが悪くなり、引っかかってしまうのです。

 

 

 

(正常)

 

 

 

 

(ばね指)

 

 

 

 

 

 

解剖図をひっくり返してみます。

プローブをこのように当てています。

黄色点線部のところですね。

 

 

 

ばね指1

 

 

保存療法(物理療法やテーピング固定等)で効果が見られない場合、通常では観血的療法(手術)が選択されます。

 

 

 

 

しかし実際、手術はしたくないと仰られる方は少なくはありません。

やはり身体にメスを入れるわけですから、出来る限り手術をしたくないのは当然といえば当然かもしれません。

 

 

 

 

そのようなときには、拡散型ショックウェーブ(ショックマスター・圧力波)を試してみる価値はあります。

ばね指に対しても有効であるとの報告が散見されます。

 

 

 

 

 

(拡散型ショックウェーブ施行後)

 

 

屈筋腱が滑らかに、たくさん滑っている様子が見受けられます。

日本超音波骨軟組織学会(JSBM)西日本支部学術集会

先日の日曜日は日本超音波骨軟組織学会(JSBM)西日本支部学術集会に出席してまいりました。

 

 

 

2019-07-27 11.35.37

 

2019-07-27 11.35.57

 

 

 

基調講演は桑名市総合医療センター、リハビリテーション科の松本正和先生。

触診とエコー画像のマッチングといった視点から非常に興味深い、面白い講演をフランクにいただきました。

午後は教育セミナーを、私が稚拙ながら担当させて頂きましたが、その午前中の松本先生のフランクな雰囲気を継承?便乗させていただいて、のどかにワイワイ!とやらせていただきました(笑)

 

 

 

 

前夜には懇親会があったため、業務終了後、宿泊グッズをスーツケースに詰め込み大急ぎで電車に飛び乗りました。

次の日の朝、スーツに着替え、ホテルを出ようと持ってきた靴を履こうとしたら、またやってしまいました。

娘のです。ちっちゃいかわいいやつです。

 

 

2019-07-21 07.45.23

 

 

 

さすがに22.0では入りません(汗)

朝の8:00に靴屋さんもやってません。

さすがに講師という立場上、スーツにスニーカーというわけにもいかず、ホテルの人にお店どこかにないか聞くと、ありました!ドンキホーテ。

 

 

 

ドンキホーテって何でも有りますね。助かりました。

ドンキホーテ様々の週末でした!

上腕骨外側上顆炎 テニス肘 腱鞘炎

上腕骨外側上顆炎ってご存じでしょうか?

テニス肘と言えばお分かりになる方も多いかもしれませんね。

中等度から重度の状態となると、中々治り辛い症状の一つともなります。

「痛くなってから、もうかれこれ2年半にもなりますが、全然痛みが取れず、最近では日常生活にもかなり支障が出ている」という方もいらっしゃいます。

 

 

 

上腕骨外側上顆炎とは

(以下、Mindsガイドラインライブラリ 肘が痛い方のために 診療ガイドラインに基づいた上腕骨外側上顆炎(テニス肘)より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

≪上腕骨外側上顆の場所≫

 

上腕骨外側上顆は上腕骨の下の方(肘関節側)にある骨の出っ張り部分をいいます。この出っ張りは肘の内側と外側に2ヵ所ありますが、そのうち外側が外側上顆です。

 

 

 

≪上腕骨外側上顆の役割≫

 

この外側の出っ張り部分には、手首を持ち上げる筋肉や手指を伸ばす筋肉が重なるような形でついています。具体的には、短橈側手根伸筋や長橈側手根伸筋や総指伸筋などです。いちばん出っ張っている部分には短橈側手根伸筋がついています。

これらの短橈側手根伸筋と長橈側手根伸筋は、手首を手の甲側に持ち上げる働きをしており、総指伸筋は手の指を伸ばす働きをしています。

 

 

 

≪上腕骨外側上顆炎とは≫

 

上腕骨外側上顆炎とは、肘関節の外側(上腕骨外側上顆)部の病気で、上腕骨外側上顆に短橈側手根伸筋がくっつく場所が炎症を起こし、肘の痛みが生じる病気です。

 

 

 

≪上腕骨外側上顆炎はどうして起こるのですか(原因は何ですか)?≫

 

上腕骨外側上顆炎は、テニスプレーヤーにこの病気にかかる人が多いことから、通称”テニス肘”と呼ばれています。これは、テニスの「ラケットを振る」、「ボールを打つ」などの動作を繰り返すことで、手首を伸ばす筋肉(短橈側手根伸筋)に過度の負担がかかり、この筋肉が骨にくっついている所がいたむためであると考えられています。

しかし、この病気はテニスなどのスポーツ以外の原因でかかることがあります。たとえば、重い物を手で持って運ぶ、重い物を片手で引っ張り上げる、片手(片腕)で何度も物を持ち上げたり、腕を回すような作業で発生する場合があります。また、家庭の主婦にもこの病気になる人がいますので、スポーツや仕事に関係なく、日常の動作が原因になっている場合もあります。

この病気は中年以降に起きやすい、また女性に発生しやすいといわれていることから(中年以降になると過労でいたみやすい、一度いたむと治りにくい、中高年の女性では筋力が弱いなど)、使い過ぎ以外に加齢や性別などの要因も考えられています。

 

 

 

≪上腕骨外側上顆炎ではどこが悪くなるのですか?≫

 

前述しましたように、指や手首を伸ばす筋肉が腱となって上腕骨にくっついている場所が、上腕骨外側上顆といわれるところです。この筋肉の中の一つである短橈側手根伸筋が腱となって骨にくっつく場所が痛みやすいところです。
1

(画像引用)Mindsガイドラインライブラリ 肘が痛い方のために 診療ガイドラインに基づいた上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

 

 

 

≪上腕骨外側上顆炎ではどうして手首を伸ばす筋肉がいたみやすいのですか?≫

 

手首を伸ばす筋肉の一つに短橈側手根伸筋があります。この筋肉は、ほかの筋肉に比べてきわめて薄い腱で上腕骨外側上顆にくっついています。

このようなしくみの特徴から、手や腕を繰り返し使う動作で負担が集中しやすく、いちばんいたみやすいと考えられています。

 
≪上腕骨外側上顆炎ではいたんだ部分にどのようなことが起きているのですか?≫

 

手首を伸ばす筋肉の一つである短橈側手根伸筋が骨にくっいている腱のところには、炎症が起こっています。

この部分を顕微鏡で見てみると、骨にくっいている腱の部分にごく小さな断裂が見られます。同時にごくごく小さな血管や線維組織の増加も見られ、断裂した部分を修復しようとする働きがうかがえます。

しかし、このように自分の身体がいたんだところを治そうとしているにもかかわらず、さらに腕を使い続けると、骨に対して筋肉や腱が引っ張られ、ストレスが繰り返し与えられることになります。そのため、腱の微小な断裂は修復が追いつかず、すきまができたり、石灰が溜まったりして、本来の正常な腱の組織とは異なる状態(変性)になっています。この変化には、加齢も要因として関係するようです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

当院での施術例です。

数年来、テニス肘で悩まれていました。

 

 

≪初検時患側エコー画像≫

 

短橈側手根伸筋、尺側手根伸筋&総指伸筋の共同腱付着部が腫れ、線維パターンが乱れていることから、共同腱の微細損傷が疑われます。

また、骨ラインにも不整があり、骨の変性を伺わせます。

 

 

図3

(初検時)

 

図9≪シェーマ≫

 

≪初検時健側エコー画像≫

 

短橈側手根伸筋&総指伸筋の共同腱、腫れなく、かつ線維パターンもクリアに認められ異常が無いことが分かります。

 

図4

 

 

 

 

続いて、初検時のパワードプラー画像です。

ドプラーとは血流シグナルのことです。

上段が患側で下段の画像が健側ですので、患側の異常血流ぶりがお分かりになるかと思います。炎症が起きている状態と想像して頂ければ分かりやすいでしょうか?しかしこの方は痛くなってから2年も経つわけで、急性の炎症と言い難く、慢性的な炎症状態と言えるでしょう。

実は血流は良い血流ばかりとは限らず、悪い血流もあります。

この悪い血管の研究で有名なOKUNO CLINIC院長の奥野祐次Drは、増加した異常血管をモヤモヤ血管と称し、多くの慢性痛の原因になっていると指摘しています。

 

 

 

図5

(患側)

 

図4

(健側)

 

 

 

≪4回施術後≫

 

だんだんと少なくなって来ています。
図7

 

 

 

≪5回施術後≫

 

さらに少なくなってきています。

上腕骨外側上顆に付着する、短橈側手根伸筋と総指伸筋との共同腱の腫れも少なくなってきました。
図6

 

 

 

それに伴い痛みも減ってきています。

数年來、どこへ行っても中々治らなかった痛みが数回で変化してきています。

早く治してテニスに復帰することが目標です。

 

 

特別施術ショックマスターはこちらから

 

エコーセミナー

昨日は東京。

NJ柔道整復師協同組合にてエコーセミナー講師務めさせていただきました。

 

 

2019-04-08 16.31.55

日本超音波骨軟組織学会(JSBM)

昨日は、日本超音波骨軟組織学会(JSBM)に出席してまいりました。

 

 

 

2019-02-25 16.02.46

 

 

2019-02-25 16.06.16

 

 

 

基調講演は、早稲田大学でお世話になった川上先生と上武大学の渡辺先生。

大変興味深い、貴重なお話しでした。非常に勉強になりました。

 

 

午後からの教育セミナーの講師は奥村先生。

奥村先生の講義はいつも非常に内容が濃く超マニアックな講義です。

テキトーで稚拙な私の教育セミナーとは大違いで見習わなければなりませぬ(汗)。

しかし、臨床やトレーナー活動を精力的にこなしながら、あれだけの資料、スライドを作成し、敬服致します。

 

日本超音波骨軟組織学会(JSBM)

先日の日曜日は日本超音波骨軟組織学会(JSBM)大坂でした。

 

 

 

2019-02-25 16.43.47

 

2019-02-25 16.44.14

 

2019-02-25 16.44.44

 

 

 

 

理事特別講演では對馬先生のお話。

長年の経験に基づいた大変興味深いお話をいただきました。

 

 

今回は午後からの教育セミナー講師とパネリストなど大役を仰せつかり、充実かつ疲労困憊の一日となりました。

講師からの十坪ジム

昨日は、東京でエコーのセミナーでした。

柄にもなく講師でございます。

https://www.ssb-echo.com/seminar/seminarinfo/2018/20181125.html

 

 

多くのセミナーは受講者として勉強させていただくことがほとんどですが、たまには今回のように講師依頼が来ることもございます(笑)。

 

今月11月はセミナー尽くし及びパソコントラブルなどもあり、パワポ作成なども行きの新幹線の中でギリギリ間に合う!といった綱渡り状態。

 

2018-11-25 10.52.21

 

 

稚拙なセミナーでございましたが、受講者の皆様に少しでもお役に立てたのであれば幸いでございます。

 

その後は、早稲田学友と紹介いただいた十坪ジムへ。

 

2018-11-25 18.34.24

 

2018-11-25 18.12.25

 

2018-11-25 18.23.06

 

2018-11-25 18.22.52

 

2018-11-25 21.06.58

 

 

十坪ジムは、東京大学名誉教授小林寛道先生が考案された、通常の筋肥大目的のウェイトマシーンとは違うナンバ歩きを主体とし、軸を意識した正しい動きを作り出す事を目的としたトレーニングマシーンがある施設です。

 

脳を使いながら軸を意識して行うため、体幹はもとより認知のトレーニングにもなります。

 

非常に興味深いマシーンでありました。

 

 

気付けば昼も取れずにおり、岐阜に帰ったのは丁度夜12時という非常に充実した一日でした。

エコー下での触診とトリガーポイント治療

腰痛や肩痛など運動器障害に対する最近のトピックはfascia(筋膜)です。

 

 

その治療はどのように行われるかというと、癒着した組織をリリース(剥がす)するように生食を注入するハイドロリリースや今回のトリガーポイント(TP)治療などがあげられます。

そしてエコーを使うことでより正確、安全に行われ、患者様に対する納得度も格段に上がります。

 

 

先日の日曜日は名古屋でTP治療やハイドロリリースを行ってみえる、さいとう整形外科リウマチ科院長斉藤究Dr.の勉強会に行って参りました。

 

 

2018-10-30 08.31.22

 

2018-10-30 12.20.05

 

 

 

肩甲帯後面では棘下筋、大円筋、小円筋、QLS、上腕三頭筋との関係性、前面では肩甲挙筋、前斜角筋、中斜角筋、小胸筋、烏口腕筋と腕神経叢との関係性等々、大変勉強になりました。

 

 

我々はお医者様と違い、もちろん生食を注入するなどという直接的なアプローチはできませんが、fasciaやTPに対して徒手的なアプローチは可能です。今後の施術への可能性を大いに感じることができた1日でした。

 

 

2018-10-28 12.01.50

 

2018-10-30 12.20.09

 

2018-10-28 15.47.24

 

2018-10-30 12.20.02

 

 

第18回 日本超音波骨軟組織学会学術総会(JSBM)

この週末は、第18回 日本超音波骨軟組織学会学術総会(JSBM)に出席してまいりました。

 

今年度より理事職執行部も仰せつかり、その理事会のため土曜日午前早々に受付を切り上げることとなり皆様には大変ご迷惑をおかけいたしお詫び申し上げます。

 

絶え間ない学術の研鑽による日常施術への反映が、結果、皆様のご健康に寄与し還元できるものと信じております。

 

 

2018-10-22 15.16.25

 

2018-10-22 15.16.14

 

2018-10-22 15.17.01

 
 

基調講演は、「超音波診断装置を利用した骨折の機能解剖学的運動療法」と題し、桑名市総合医療センター リハビリテーション科 副室長の松本正知先生。

 

各組織の修復過程を考慮しての骨折治療における運動療法の考え方、大変勉強になりました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

終了後は早稲田修士時代の学友との待ち合わせし🍻。

 

話がつきずあっという間に3時間が経ちました。

 

慌ただしく新幹線に乗り込み帰路へ。

 

2018-10-21 20.08.59

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト