野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

日本超音波骨軟組織学会と口頭試問

皆さま、こんにちは。

実に久しぶりの更新になってしまいました。

 

昨日は、日本超音波骨軟組織学会に参加し、研究発表とインストラクターを務めてまいりました。
最近注目の股関節FAIの超音波評価、とても勉強になりました。我々の日常診療でもFAI(股関節インピンジメント)疑いは散見され、悩める患者様に多いに役立てることができそうです。
また、午前中の名市大准教授、植田先生のTRPV1の痛覚過敏への関与もとても興味深いものでした。通常はカプサイシンを投与すると激痛であるが、痛覚過敏に対してはカプサイシン投与が痛みを軽減したりするとのこと。温感シップなどに含まれるトウガラシエキスもあながち捨てたもんではないと再認識。

 

ここ数ヶ月は、先々週の卒論口頭試問を含め、なかなかハードな日々を堪能させてもらうことができました(笑)。そしてやっとホッと一息つけることとなりました。この一ヶ月くらいは更新頻度上がるかもしれません(笑)。

 

しかしそれもここ一ヶ月くらいのことで、4月からは、また新たなステージに挑戦することにもなりそうです。それにともない、診療時間の変更も勘案中でございます。またあらためてご案内させていただきますが、何卒、今後ともヤマモト整骨院をどうかよろしくお願いいたします。

 

 

 


(2015/02/16 日本超音波骨軟組織学会で)

 
 
 

 


(2015/01/31 早稲田大学にて)

3次元動作解析

10/14(祝)は臨時休診をいただきまして、早稲田大学所沢キャンパスで3次元動作解析とフォースプレートによる歩行動作実験をしてきました。

現在、私は、鈴木秀次研究室(ちなみに、過去鈴木研には、現ミルウォーキー・ブルワーズの青木宣親選手が所属していました)にお世話になっており、身体のバイオメカニクスを学ばせていただいております。

通常は、祝日も診療を行っておりますが、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
今後も、このような臨時休診あるかと思いますが、さらなる学術向上の為、よろしくご理解の程お願い申し上げます。

天国の特別な子ども

大学の講義で知った詩です。とても感動いたしましたので紹介させていただきます。

「全ての染色体異常の子(ダウン症など)を持つ親に」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

天国の特別な子ども

会議が開かれました。
地球からはるか遠くで
「また次の赤ちゃんの時間ですよ」
天においでになる神様に向かって 天使たちは言いました。
「この子は特別な赤ちゃんで たくさんの愛情が必要でしょう。
この子の成長は とてもゆっくりに見えるかもしれません。
もしかして 一人前になれないかもしれません。
だから この子は下界で出会う人々に
とくに気をつけてもらわなければならないのです。
もしかして この子の思うことは
なかなか分かってもらえないかもしれません。
何をやっても うまくいかないかもしれません。
ですから私たちは この子がどこに生まれるか
注意深く選ばなければならないのです。
この子の生涯が しあわせなものとなるように
どうぞ神様 この子のためにすばらしい両親をさがしてあげてください。
神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。
その二人は すぐには気がつかないかもしれません。
彼ら二人が自分たちに求められれいる特別な役割を。
けれども 天から授けられたこの子によって
ますます強い信仰と豊かな愛をいだくようになることでしょう。
やがて二人は 自分たちに与えられた特別の
神の思召しをさとるようになるでしょう。
神からおくられたこの子によって。
柔和でおだやかなこのこという授かりものこそ
天から授かった特別な子供なのです」
Edna Massimilla  作
(大江 祐子 訳)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

インストラクショナルデザイン、実践教授設計論

早稲田大学人間科学部の講義の中でも特に人気のある授業にインストラクショナルデザイン(ID)と実践教授設計論(JK)があります。両講義とも大人気の向後千春先生によるものですが、IDを受講したものは何故かつい「インストラクショナルデザインという学問があってね・・・。」と人にしゃべりたくなるようです(私もその一人です。笑)。

インストラクショナルデザインとは、簡単に言ってしまえば「上手な教え方」の学習といったところでしょうか。
「教える」という行為は学校であったり、料理教室であったり、親が子どもに自転車の乗り方を教えたり、日常的に行われていることである。にもかかわらず、「上手な教え方」を習ったことはないのである。「教え方」の授業は学校にはないのである。

と、このように、つい知ったかぶりをしてしまうのであるが、非常に奥の深い内容でもあり、上辺だけをかじったものが、あれこれ述べることも良くないので、テキストがweb上でも無料で公開されてますので、そちらをご参照くださいませ。http://kogolab.chillout.jp/textbook/2012_ID_text.pdf

また、JKはIDをより進化させたものといって良いでしょう。IDが「教えることの技術」に対して、JKは「教えない技術」です。なんだか禅問答のようにもなりそうですが、こちらもテキスト無料にて公開されていますのでご参照ください(私も、少々お手伝いさせていただきました)。http://kogolab.chillout.jp/textbook/2012_JK_WB.pdf

ついでに、といっては失礼ですが、大変お世話になった向後千春先生に感謝を申し上げるとともに、先生の著作を宣伝させていただきます(笑)。今問題の体罰問題にも通じるものがあります。

大学懇親会

この週末は、大学の懇親会とSAQトレーニングのシンポジウムと、慌ただしくも充実した時間を過ごさせていただきました。

通信制といえども入学式もあり、懇親会や合宿など、まさに学生生活を謳歌できます。当然卒論もあり口頭試問もあります。クラスなども編成されており、普段会うことのないクラスメートと歓談してきました。

クラスメートといっても人生の大先輩も多々おられ、しかしその方たちの意識はとても高く非常に勉強させられ、尊敬の念に値します。中にはプロスポーツ選手であったり、タカ〇ジェンヌ、病院のお医者さんまでもいらっしゃいます。

今回は懇親会でしたが、来期(4月)からはゼミも始まり、大学の方へ行く機会も増えそうです。
皆様にはご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。


(団長(女性ですが)かっこいい!チアかわいい!)


(全員で紺碧の空、熱唱)

 

ブログの更新

毎日,暑い日が続きますね.

ロンドンオリンピックも佳境に入り,寝不足の方も多いのではないでしょうか.

最近,“ブログの更新が少ないっ!”とよく指摘されます(謝).

やっと,夏休みに入りました!そう,半分は学生でもある身であり,恐怖のレポートラッシュをこなして,20数年ぶり?(正確には昨年からですが)かの夏休みに開放感いっぱいでございます.そして,この期間にブログをいろいろ書こうかな~,なんて思っていました.しかし,今度は近々の学会発表の準備に追われることになってしまいました(泣).

今しばらく,おゆるしください(謝).

睡眠

年明けより何かと慌ただしい日々が続き、少々睡眠不足であります。ブログの更新も中々できずにおりました。
そこで今日は、履修している環境生理学から「睡眠」についてです。
睡眠にはレム{REM(Rapid Eye Movement)}睡眠とノンレム(Non-REM)睡眠があります。
レム睡眠は、浅い眠りで、身体は休息しているが、脳は活動している状態、夢をみるのはこのときです。身体は睡眠状態であるにも関わらず、眼球がぐるぐると活発に動くことからこの名が付いた。
一方でノンレム睡眠は、深い眠りで、脳は休息し身体は活動している状態の睡眠である。眠りの深さに応じて4つの段階があり、一番深い眠りである第4段階へは眠りに入ってから一時間弱でなります。このときに成長ホルモンが多く分泌されるため、子供の成長にとって睡眠の質は重要である。大人ではこの深い眠りが全体の1/3(2時間位)はないと疲労が回復しないようです。レム、ノンレム睡眠は1.5時間サイクルで繰り返され、レム睡眠は一晩に4回程みられる。このレム睡眠のタイミングで起床できると目覚めが良い。なのでこのタイミングに合わせて目覚まし時計をセットしておけば少々睡眠時間が短くても気持ちの良い目覚めとなります。
ここからは少々専門的な話になります。

睡眠にかかわる神経核には抑制性のVLPO(腹外側視索前野)-GABA、があり下行性に覚醒の起始核を抑制し睡眠を促進する。またTMN(結節乳頭体核)-ヒスタミン、LC(青斑核)-ノルアドレナリン、Raphe(縫線核)-セロトニン等が覚醒を司る。睡眠及び覚醒の切り替えはフリップフロップモデルによって表されるが、それをコントロールしているのはオレキシンである。オレキシンが効かなくなるとナルコレプシーが生じる。
以上

投稿者 ヤマモト整骨

肥満に対する認知行動療法

近年、生活習慣病である糖尿病が増加しています。つきつめれば根本の原因は肥満にあります。

肥満について
臨床心理学的なアプローチにおいて興味深いことがありましたので紹介いたします。

肥満への
臨床心理学においてのCBT(認知行動療法)的介入

●いかなる非外科的肥満治療でも,治療後3~5年以内にはほぼすべての例で元の体重に戻っている.
●現在の肥満治療の最大の問題は,減量した体重をいかにして維持していくかである.
●減量後の再増加を阻止するには,まず減量期と体重維持期を区別する必要がある.
●減量期のうちから,体重維持という目標を受け入れることに対する抵抗を扱うことが不可欠である.
●体重維持に重点をおいた認知行動療法を行うことで,減量した体重の再増加の阻止が十分期待できる.

(野崎・小牧、2007)

いったん減量に成功しても5年以内には、ほとんどが元の体重に戻っているというのは衝撃的です。ようは体重を減らすことは一念発起して可能であるが、それをリバウンドさせず維持するのが一番大変であり、重要なことであるということである。その為には考え方として減量期と体重維持期を区別して行なっていかなければならないということです。目標の数値まで減ったらさらに減らそうとするのではなくその体重を維持してゆくプログラムを実践していくのである。そしてそれを患者さんが理解することが大切である。戻るんだったらその分を見越してもっと減らしておけばいいじゃん!などと考えてはいけないということです。そうすると必ずリバウンドしてしまうということになります。

また、ダイエットで注意しなければならないのは、ただ単に汗をかいたのでやせる!なんてことはなく、運動して筋肉量を増やすことで、それによって基礎代謝量があがり、カロリーをより消費しやすい身体になることでやせていくのです。そして筋肉量を増やしてのダイエットはリバウンドしにくく、ただ単に食事を減らしてのカロリー制限によるダイエットはリバウンドしやすいのは周知の通りです。もちろん食べ過ぎはよろしくありませんが・・・。

自戒の念も含めて。

密かな楽しみ 【腰痛・野球肘・交通事故治療はヤマモト整骨院】

日は3連休最後の日、天気もとても良く行楽にはもってこいの日和となりました。

しかし残念ながら?当院では祭日も診療を行なっているため、今日も仕事を行なっております。

そんな中、最近では密かな楽しみがございます。
それは、学割を使うことです。実は私は今、仕事をすると共に学生でもあります。いわゆる社会人学生というやつですね。何故か40半ばに差し掛かり学びに目覚めてしまいました。もの凄く遅い目覚めです。
通信教育ですが一応はれっきとした大学生になりますので、大体のものは学割が使えます。ちょっとした施設の入館料などにも使えます。たかだか200~300円の違いであったりもするのですが、これが利いたときはとても幸せな気持ちになれます。今度は子供達と映画を見に行ったときに絶対使ってやるぞ!なんて思っています。しかし大抵はそのときになると提示し忘れてしまうのですが・・・。

大学では何を学んでいるかというと、学部は人間科学部で健康福祉科学科に所属し仕事に直結する医学関係の運動学や生理学、心理学関係の講義を選択しています。オンデマンドで通学生の方と同じカリキュラムをこなしていかなければならなく、また英語や統計学などもあり少々大変ではありますが結構楽しんでやっております。20数年振りの夏休みも経験し今は後期の授業に突入しております。

半期も無事終わり大学にも慣れてきましたので、今後、学んだ興味深いこと、面白いことありましたら紹介し還元できるようにしていきたいと思います。

サクラ 【岐阜市の接骨院・ムチウチ・交通事故治療はヤマモト整骨院】

が咲きました!

先日、お伝えした二次選考ですが、何と合格致しました。面接時の余りの不甲斐なさに、半分諦めかけていただけに感無量です。内容は散々でしたが、熱意だけは何とか伝わったのだと思います。

来春から40過ぎのおやじが大学生(通信ですが・・・)になります。

何故今さら、と思われるでしょうが、「まだまだ学ぶべき事が沢山ある、いっその事大学へ行っちゃえ」と思ってしまいました。もちろん他にも目的はあるのですが・・・長くなるので話せません。

ただ、大変なのはこれからです。通信の場合「入るは易し、出るは難し」卒業しなければ意味が有りません。オンデマンドで通学生の方とほぼ同じカリキュラムを受講し単位を取得していきます。これから長い道のりですが、仕事と学生と両立させ目標に向かって何が何でも頑張り通したいと思います。家族にも迷惑と負担を強いる事になり申し訳なく思います。

しかし結果仕事にも家庭にも大きなプラスになるものと信じています。

これからも宜しくお願い致します。

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト