野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

第22回東海野球障害研究会

第22回東海野球障害研究会に参加してきました。

 

 

 

2018-12-17 08.37.17

 

 

 

今回のトピックは、“尺側側副靱帯(以下UCL)損傷の治療に対する考え方”といったところでしょうか。

 

 

メジャーリーグで活躍している大谷翔平が、今年トミージョン手術で靱帯再建をおこなったことはホットなニュースです。しかしPRP(多血小板血漿)療法をおこなってすぐのトミージョンに、日本の医療界は実は少なからず騒然としました。おそらく日本では保存療法でもうしばらく様子を見たのでは無いかと思います。マリナーズのトレーナーの方によるとメジャーリーグで手術適応の場合、ほとんど保存療法で様子を見ること無く、すぐ手術になるとのことです。

 

 

 

医療やスポーツ科学など何かにつけて欧米の方が発展しているというイメージがあり、この大谷選手の場合、先進の治療はopeだったと思われがちですが、必ずしもそうとはいえないようです。

それにはどうも日本とアメリカの健康保険システムの違いが少なからず影響してそうです。

 

 

 

アメリカの健康保険制度は日本のように国民皆保険制度ではないため、曖昧なものや時間のかかるものにはお金を払わないという風潮があるため、即手術となるようです。決して手術が最善だからというわけでは無いようです。大人の事情?といったところでしょうか汗。

 

 

 

ですので日本では今まで同様、あらゆる手を尽くしてみてどうしてもダメなら手術!という方向性は変わらないだろうとのこと。

決して考え方が遅れているということではないですね。手術にはやはりリスクも伴いますし、個人的にもその考え方の方が選択肢が広がって良いと思いますね。そしてその手術以外の治療法としてはPRPですが、最近注目されているのは体外衝撃波(ESWT)。

 

 

 

その後の懇親会で杉本先生、瀬戸口先生に体外衝撃波のことなど質問させていただき色々お話しさせていただきました。いつもお世話になりありがとうございます。

 

 

講師からの十坪ジム

昨日は、東京でエコーのセミナーでした。

柄にもなく講師でございます。

https://www.ssb-echo.com/seminar/seminarinfo/2018/20181125.html

 

 

多くのセミナーは受講者として勉強させていただくことがほとんどですが、たまには今回のように講師依頼が来ることもございます(笑)。

 

今月11月はセミナー尽くし及びパソコントラブルなどもあり、パワポ作成なども行きの新幹線の中でギリギリ間に合う!といった綱渡り状態。

 

2018-11-25 10.52.21

 

 

稚拙なセミナーでございましたが、受講者の皆様に少しでもお役に立てたのであれば幸いでございます。

 

その後は、早稲田学友と紹介いただいた十坪ジムへ。

 

2018-11-25 18.34.24

 

2018-11-25 18.12.25

 

2018-11-25 18.23.06

 

2018-11-25 18.22.52

 

2018-11-25 21.06.58

 

 

十坪ジムは、東京大学名誉教授小林寛道先生が考案された、通常の筋肥大目的のウェイトマシーンとは違うナンバ歩きを主体とし、軸を意識した正しい動きを作り出す事を目的としたトレーニングマシーンがある施設です。

 

脳を使いながら軸を意識して行うため、体幹はもとより認知のトレーニングにもなります。

 

非常に興味深いマシーンでありました。

 

 

気付けば昼も取れずにおり、岐阜に帰ったのは丁度夜12時という非常に充実した一日でした。

スポ.ラボセミナー

(http://spolabo.justhpbs.jp/index.html)

 

 

(http://spolabo.justhpbs.jp/index.html)

 

 

こんにちは

 

いきなりの動画ですが、Sports Science Labo (スポ.ラボ)主宰の石井壮郎先生(医学博士)のご研究、「投球障害の発生率を減らし、尚且つ速いボール投げるため、予防とパフォーマンスUPの二つの項目を満足させる投球フォームの開発」から、多くのデータを基に導き出されたモーションシンセサイザーです。ご厚意により転載させていただきました。

 

先日の日曜日は、愛知県松井整形外科でそのスポ.ラボセミナー(ボケてますが汗)。

 

 

2018-11-11 10.57.54

 

 

石井壮郎先生、亀山顕太郎先生、塩多雅也先生の濃密なセミナーに出席してまいりました。

スポ.ラボは科学的知見に基づきパフォーマンスUPと障害予防法を作り上げ現場に還元していくとされています。

そのHP、CYBER BASEBALL(https://www.cyber-baseball.jp/about-cyber-baseball/)では、少年野球選手のための投球障害・予測システム(https://www.cyber-baseball.jp/primary/6761/)も公開されています。

自分の体の状態を知ることで、発症確率も減るといわれています。そしてフォームや体調管理など予防に対する意識も高まることでしょう。

 

当院でも今後の施術に役立てていきたいと思います。

今回も大変勉強になりました。

ありがとうございました。

 

JSBM(日本超音波骨軟組織学会)ハンズオン

昨日(1/21)は、超音波学会のハンズオンセミナー行って参りました。

 

 

症例報告と教育セミナーの部でのインストラクター務めてまいりましたが、今回はなんと言っても恩師でもあられる川上泰雄先生の基調講演です。川上先生は早稲田スポ科の教授で、筋肉など身体組成の世界的権威でございます。在学中も懇意にしていただき、大変ユニークで最新知見の詰まった講義はもとより、学食も何度かご一緒させていただき、たわいも無い話や貴重なお話を伺ったりと、大変お世話になったものです。

 

 

今回も、我々の仕事やスポーツパフォーマンスに直結するMTC(筋腱複合体)のお話、大変興味深く、あっというまの1時間でした。もうこの3倍くらい聞きたいですね。

 

 

その直後の私の発表ですが、色々お話を聞ける良い機会なのでMTCに絡めました(笑)

 

 

2018-01-23 13.12.42

 

 

非常に収穫の多い一日となりました。

 

 

ありがとうございました。

 

スポーツ栄養学セミナー、ジュニアアスリートスポーツ指導&育成システムセミナー

2017-12-18 08.21.57

 

遅い報告となりますが12/3、スポーツ栄養学セミナーとジュニアアスリートスポーツ指導&育成システムセミナー行って参りました。

 

 

一講目は、オリックス・バッファローズ管理栄養士の河南先生、プロ野球団の栄養指導を通してウエイトコントロール、リカバリーの重要性や方法論。

 

 

・増量する場合、1日プラス500kcal~1000kcal(LBMを約0.5kg増やすには2500kcal必要)

・エネルギー不足はたんぱく質の利用効率低下(たんぱく質がエネルギー源として使用されてしまうため)

・アスリートのたんぱく質の必要量は体重1kgあたり2.0g、しかしこれはエネルギーや他の栄養素の摂取量が必要十分であることが前提

・1日6~7回の頻回食事の推奨

・リカバリー : 糖質:たんぱく質=3:1  糖質はカタボリック、たんぱく質はアナボリック

等々

 

 

プロ野球選手といえども食事に意識の高い選手ばかりとは限らず、お粗末な食生活の選手も多いようです。選手が摂取しやすいように補食などにも様々な工夫がなされていることに感心致しました。

 

そしてありきたりではありますが、バランス良く食事を取ることの重要性を再認識させていただき、昨今の中高校生アスリートのタッパ飯ドカ食い指導の弊害をよく理解することができました。

 

 

 

 

 

二、三講目は今精力的に活躍されている小俣よしのぶ先生です。

やっと聞きに来ることができました。

 

小俣先生は旧東ドイツの資源(人材)が少ない中での大国に劣らない成績を出していた育成システムに注目渡欧し、その秘密を研究され、現在では日本の中で注目を浴びているいわきFCの育成システムに携わっておられます。

 

 

・日本の子どもの体力低下問題

・ゴールデンエイジ理論に対する問題点

・様々な「遊び体験」の必要性

・学校体育の崩壊による放課後スポーツ遊びとの身体活動好循環の喪失

・オリンピックアスリートの競技開始年齢から紐解く競技特化低年齢化の弊害

・身体成熟度に適した練習量とは(ヨーロッパのサッカー強豪国は育成段階での練習量は少ない)

・成長期世代でのスポーツ活動は圧倒的に体が大きい方が有利

・同じ学年(暦年齢)にして生物学的年齢(骨年齢)では2~3年の差があり、同じ6年生チームでも小学4年生並の子と中学2年生並の子がおり、同じステージでプレーしているということ

・日本の選抜チームの選出は、その年代でのタレント発掘しているにすぎず、将来的にその選手が活躍、成長するかは別問題

・日本のシステムでは早生まれがレールに乗りやすく有利

・PHV(Peak Height Velocity)を見越した指導の必要性

・クラムジー対策

等々

 

 

大変勉強になりました。特にそのスポーツ競技特性によりスポーツ開始年齢が異なることや、そしてスポーツ開始年齢が早いということが問題なのではなく、競技専門特化が早く、スポーツ開始と専門特化が同時になることが問題であるのであって、そのことにより今まで疑問に思っていたことがかなり解消することができました。

 

ありがとうございました。またチャンスがあれば拝聴に伺いたいものです。

 

「効率的な投球動作の修得&球速アップの為のトレーニング」セミナー

昨日は「効率的な投球動作の修得&球速アップの為のトレーニング」セミナーに行ってきました。

 

 

21761411_1462186583872077_3521130147267247981_n

 

 

 

講師は大学の非常勤講師や高校野球部のトレーニングコーチなどで活躍されている鈴木康博さん。以前にもお会いしてお話しさせていただいたこともある方ですが、WBCで大ブレークした千賀投手高校時代のピッチング兼トレーニングコーチをされていた方です。

 

 

 

 

2017-10-08 16.35.04

 

 

 

大変勉強になりました。

ありがとうございました。

見逃されやすい野球肘

最近ブログの更新をさぼっておりました。
当初の予定では、大学を卒業し学生生活も終わることにより、時間的余裕ができ、以前よりもしばしば更新できるであろうと思っていました。しかし「人間忙しい!忙しい!といっているウチが一番良いんやよ」とよく患者さんに言われておりましたが、正にその通りで、時間に余裕ができても以前よりブログ更新の頻度は下がってしまいました(汗)

 

 

 

 

今回は見逃されやすい(発見し辛い)野球肘についてです。先ずは簡単に野球肘についてまとめてみます。

 

野球肘とは、特に投球動作により生じた肘周囲の損傷、障害(傷害)の総称です。大きく分けて、内側部の障害、外側部の障害、後方部の障害に分けることができます。

大人の野球肘は子ども野球肘のなれの果てであることが多いことから、骨端線閉鎖前の子ども(小・中学生)時期の野球肘に対する理解と対処が重要ということになってきます。

 

 

内側部の障害(内側型野球肘)には、上腕骨内側上顆部の剥離骨折やflagmentation(骨の分離・分節)、内側側副靱帯損傷などがあります。小中学生時期の野球肘の多く(約80%)はこの内側部の剥離骨折や骨の分離・分節です。残りの約20%を外側部や後方部の障害が占めることになりますが、中でも外側部の上腕骨小頭部に発生しやすい離断性骨軟骨炎には要注意です。発生割合は少年野球選手の100人に1人か2人の割ですが、野球肘のガンとも呼ばれ、難治性で以降の選手生命にも関わってくる病気です。と、ここまでは教科書的な野球肘の基本であります。

 

 

 

しかし最近、意外と多いな~と感じてるのが尺骨鈎状結節部の剥離骨折です。小学生にはあまり見られませんが、中学生から高校生にかけてしばしば見受けられます。内側部の障害のひとつにはなりますが、一般的には認知度の低い障害で、レントゲンでは異常が無いと言われ、しかし投球時痛があるということで来院されます。靱帯の損傷かな~などと言われていることも多く、しかしエコーや触診などでよくよく見てみると尺骨鈎状結節部の剥離骨折が疑われる所見が見受けられます。すぐ専門医に対診し連携して治療していきます。

 

 

hiji4

(プロメテウス解剖学より)

 

 

中学生~高校生にかけてはっきりとしない肘の痛みが内側部にあった場合、これ(尺骨鈎状結節部の剥離骨折)を疑ってみることも大切です。

 

菅谷系勉強会 in 岐阜  桂良太郎氏セミナー

20170611sugayakeibenkyoukai

 

 

桂良太郎氏のセミナー行って参りました。

 

 

噂に違わず素晴らしい人柄とセミナー内容でした。

 

 

今、旬の“movement”、疼痛の改善やパフォーマンスの向上のために、適切な動作を身につけることは必要不可欠。

その正しい動作(movement)を身につけるために、評価の大切さ、改善計画の立案、コレクティブエクササイズ選択の引き出しの多さの必要性を再認識させていただきました。そしてベースとしての呼吸の重要性と大切さも再認識させていただきました。

 

 

このような超有名トレーナーの素晴らしいセミナーを岐阜の片田舎で受けられることはそうそうございません。

また、Dr、PT、柔整師、トレーナーなどが一堂に会して勉強させていただくこともなかなかある機会ではございません。

 

これからは、一人の患者様もしくはクライアントのために、Drを中心として皆がチームとしてその方を改善させていくという素晴らしい方向に向かっていると思います。

 

このような場を企画され、そしてお誘い下さいましたT.Dr、本当にありがとうございました。

野球肘・野球肩

先日の土曜日は午後の受付をお休みさせていただいて、「第3回岐阜スポーツ整形外科研究会」に出席してまいりました。

突然のお休みをいただき、ご迷惑をおかけしました皆様には大変申し訳ございませんでした。

 

 

第3回岐阜スポーツ整形外科研究会

 

 

特別講演の山崎哲也先生は、スポーツ障害特に野球肘・肩に関してのご高名な先生です。今回の「成長期における肩・肘スポーツ障害の診方」と題しての、その数多くの経験談を元にしたお話には大変勉強になりました。

 

横浜ベイスターズのスポーツドクターでもあられる関係から、「成長期における肩・肘スポーツ障害」といっても、主に成長期野球少年の肩・肘の投球障害のお話です。

 

投球障害を診る場合、どの専門医も共通して訴えるのは、肩・肘単体を診るだけでなく、全身をしっかりと診る必要があるということです。

投球動作は下肢で発生した力を体幹、肩、肘、指先へと伝達し、最終的に末端を作用させる運動連鎖で成り立っています。そのため、肩肘障害の根本原因を探るためには肩甲帯を中心とした全身の機能を診る必要があるわけです。

また成長期の子どもを診る場合、暦年齢と骨年齢の関係を考慮しておく必要があります。成長期の骨年齢には2~3年の幅があるとされています。すなわち、同じ10歳であっても早熟の子の骨は11~12歳くらいになっている子もいるし、まだ9歳以下の子もいるということです。なので同じ年齢だからといって同じ練習を課すことのリスクも考える必要があるということです。

 

投球障害を診るチェックポイント(山崎先生)

1. 肩甲胸郭関節

2. 肩甲上腕関節

3. 体幹・下肢

4. 投球フォーム

5. 投球回数・時間

 

1. 肩甲胸郭関節

・肩甲骨下方偏位・上方偏位

・肩甲骨周辺の形態変化{棘下筋萎縮・肩甲骨下角周囲腫瘤(滑液包炎)}

・Elbow push test、Elbow extention test

 

2. 肩甲上腕関節

・肩甲上腕リズム

・腱板機能テスト(Ssp test、Emptycan test、Fullcan test、Lift off test等々)

・後方タイトネス(CAT、HFT等々)

・関節弛緩性

 

3. 体幹・下肢

・骨盤後傾位

・ステップ足、内旋可動域低下

 

4. 投球フォーム(後方タイトネスなど体の機能を先に治す必要)

・ワインドアップ期 : 骨盤位

・コッキング前期 : 肘の位置

・コッキング後期 : 肘下がり

・フォロースルー期 : 股関節

等々

 

5. 投球回数・時間

・日本臨床スポーツ医学会ガイドラインの周知

 

 

具体的疾患

 

○肩

・上腕骨近位骨端線障害

石灰化の停滞、脱灰の繰り返し。

肩甲帯を含めた全身的運動機能の低下を診る必要がある。

 

○肘

・上腕骨内側上顆障害

・MCL(AOL)の牽引

・回内屈筋群の牽引

・多くは剥離骨折ではなく骨化障害

・骨片残存は良くないか?-プロ野球選手の33%に残存

・外側部、上腕骨小頭障害(OCD)

・エコーが有効

・エコーによる検診の必要性、重要性

・先天的、内因的要因もあるか(受動喫煙に注目)

・一発での外傷性OCDもある(あまり投げていない子、急に投げ始めた子、等々)

・フリンジ(滑膜ヒダ障害)は子どもにはない

・握力や手関節機能低下との肘障害との関連性

 

以上

大変勉強になりました。今後の施術に役立てていきたいと思います。

ブログの一覧を見る

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト