野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

免疫力アップ

もう4月も近くなってきました。しかし今年はまだまだ朝晩の冷え込みも激しく、暖かくなってきたかな~と思うと、急に寒くなったりします。こんな時は体調も崩しやすく、風邪等もひきやすいので体調管理には十分に気をつけましょう。

そこで今日は、
免疫力アップのお話です。

(1)「免疫力アップ生活 “体を温めよう”」

体の細胞や組織が正しく機能するためには、体温を一定に保つ必要があり、人間の深部体温(心臓や脳などの体の内部・中新温度)は、約37度に保たれています。体温は、摂取した食物を体内で消化・燃焼するといったエネルギーの代謝や運動(筋肉を動かすこと)によって熱をつくり、その熱で血液が温められます。温められた血液が循環することによって体は一定の温度を維持できているのです。体温を保つと体に機能が正常に働き、病気にかかりにくくなります。一方、体温が低い状態が続くと基礎代謝が低下し、内蔵などの機能も衰えるため、体調も悪くなります。また、がん細胞は35度以下で分裂・増殖しやすくなるといわれています。
マクロファージやリンパ球といった免疫細胞(白血球)は体温が高いほうが活発に働きます。風邪などをひいてウィルスなどの異物が体内に侵入してくると免疫細胞が活発に働き、体温を上げて発熱させます。風邪などのウィルスは低い温度を好んで活発に動くため、発熱してウィルスを抑制するのです。風邪をひいて熱が出るのは、免疫細胞が体内で異物(敵)と戦っているからなのです。

●朝ごはんを食べて体を温めよう!

夜の寝ている間は、脳や体は休息に入るため、体温は低下しています。寝起きは体温が下がったままなので一日で最も体温が低い時間帯といえます。脳を朝から一日中元気に動かすには、エネルギーが必要です。
朝ごはんを食べると熱が体の中でつくられ、寝ている間に低下した体温を上げて脳や体を活動しやすい状態にしてくれます。

●お風呂につかって体を温めよう!

暑いお湯を張って湯船につかればすぐに体温を上げることはできますが、体力のない人や心臓の弱い人には体に負担を掛けてしまうので不向きです。
無理なくお風呂につかるには、ぬるま湯(38度から40度)を湯船に張り、全身ではなく腹部(へその辺り)までの半身だけを湯船につけて、汗が出る15分から30分程度じっくりつかるのがおすすめの入浴法です。

(2)免疫力アップ生活「笑い」

「笑いと免疫力」に関する実験や研究において免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞が感情の影響を受けやすい性質があり、ストレスを受けているときには活性が弱まり、笑うことで活性が高まることが分かってきています。免疫細胞であるNK細胞には、ウィルスや細菌を退治し、がん細胞の除去にも役立っているため、病気に対する抵抗力をつけるためにも笑うことはとても大切です。毎日、心から楽しんで笑えればよいのですが、できない場合にはつくり笑いでも大丈夫です。つくり笑いでも笑顔による筋肉の刺激が脳に伝わり、NK細胞を活性化する働きがあると考えられているからです。

●今日から大きな声で笑ってみよう!

つくり笑いでもよいのでお腹から大きな声を出して笑ってみましょう。「ワッハハハハハ」と顔の筋肉を使って笑ってみると、辛いことや悲しいことも忘れて、前向きな気持ちになれるかもしれません。

(3)免疫力アップ生活「バランスよい食事」
免疫細胞は、毎日5%壊されては、新たにつくられるといった非常に新陳代謝が活発な細胞です。特に、タンパク質は免疫細胞を含めた体を構成する細胞にとって基礎になる栄養素です。

●良質なタンパク質を取ろう!

タンパク質は、血液や体をつくるもとです。魚、肉、大豆食品などバランス良く取りましょう。

 

超音波学会

JSBM(日本超音波骨軟組織学会)に出席してまいりました。
年々会員数も増え、また今回も100名を越す先生方が集まったようです。

今回は自らも「腰部安定化機構と腰痛との関連性」と題して研究発表を行い、その後はインストラクターと慌ただしくも充実した1日でした。

基調講演Ⅰの白石洋介先生は柔整師でありながら、名古屋大学大学院医学系研究科で医学博士号をも取得された博学卓識な先生です。同一の傷病であっても分子細胞レベルより研究、理解され、また我々にはそれが必要なことだと訴えておられました。

今回は骨折の保存療法において、超音波観察とその際の組織学的な理解を教授していただきました。

骨折の徒手整復の再転位についてMyofibroblastの収縮力が関与しており、超音波観察時にもそれらの分子細胞レベルでの理解の重要性を認識させていただきました。

基調講演Ⅱの三浦裕先生は名古屋市立大学大学院医学研究科 分子神経生物学分野の准教授であられる先生です。

講演もとてもユーモラスで、また蝶ヶ岳山頂でボランティア山岳診療所を運営されるなど、とても敬服される先生です。

人の寿命を左右するのは細胞内でATPを作り出すミトコンドリアであるが、ATP産生の際、電子の逸脱が起こりさまざまな病気の根源となるヒドロキシラジカルを生成する。ミトコンドリアは「生」にも必要不可欠であるが、一方で「死」にも大きく関与しているということである。

癌細胞は、この死のシグナルを出す前にミトコンドリアを分解するオートファジー*のメカニズムを獲得し、不死化無限増殖機能を獲得している。

*オートファジーとは、自食作用であり、栄養飢餓状態に陥った生物が、自らの細胞内のタンパク質をアミノ酸に分解し利用すること。

また、ビタミンCはとても良いもののひとつとしてのイメージがあるが、取り過ぎは逆効果の可能性があり、特に大量に鉄があるときに取り過ぎると酸化ストレスとなると仰っていたのが印象的でありました。

福島

昨日は福島県に行ってきました。

よく考えてみたら、40半ばにして東京以北に行くのは初めてです(汗)

行きは「つばさ」
電源があったのには驚きました。フットレスト、ドリンクホルダー、雑誌まであります。

一昨夜、到着時は-2℃でした。とても空気が冷たい。

帰りは「Max やまびこ」でした。

2階だてでした(驚)。もちろん2階に座りました。

新幹線からみた市内です。

自宅に着いたのは夜の10時でした。

市民病院

途中からですが、参加してきました。

睡眠

年明けより何かと慌ただしい日々が続き、少々睡眠不足であります。ブログの更新も中々できずにおりました。
そこで今日は、履修している環境生理学から「睡眠」についてです。
睡眠にはレム{REM(Rapid Eye Movement)}睡眠とノンレム(Non-REM)睡眠があります。
レム睡眠は、浅い眠りで、身体は休息しているが、脳は活動している状態、夢をみるのはこのときです。身体は睡眠状態であるにも関わらず、眼球がぐるぐると活発に動くことからこの名が付いた。
一方でノンレム睡眠は、深い眠りで、脳は休息し身体は活動している状態の睡眠である。眠りの深さに応じて4つの段階があり、一番深い眠りである第4段階へは眠りに入ってから一時間弱でなります。このときに成長ホルモンが多く分泌されるため、子供の成長にとって睡眠の質は重要である。大人ではこの深い眠りが全体の1/3(2時間位)はないと疲労が回復しないようです。レム、ノンレム睡眠は1.5時間サイクルで繰り返され、レム睡眠は一晩に4回程みられる。このレム睡眠のタイミングで起床できると目覚めが良い。なのでこのタイミングに合わせて目覚まし時計をセットしておけば少々睡眠時間が短くても気持ちの良い目覚めとなります。
ここからは少々専門的な話になります。

睡眠にかかわる神経核には抑制性のVLPO(腹外側視索前野)-GABA、があり下行性に覚醒の起始核を抑制し睡眠を促進する。またTMN(結節乳頭体核)-ヒスタミン、LC(青斑核)-ノルアドレナリン、Raphe(縫線核)-セロトニン等が覚醒を司る。睡眠及び覚醒の切り替えはフリップフロップモデルによって表されるが、それをコントロールしているのはオレキシンである。オレキシンが効かなくなるとナルコレプシーが生じる。
以上

投稿者 ヤマモト整骨

野球肘・肩

昨日は、毎年恒例となりました高校球児の野球肘・肩のエコー観察でした。

OCD(離断性骨軟骨炎)、いわゆる“関節ねずみ”の早期発見が主目的であります。

また、「あまり小学生の低学年からは野球をやらせるのは良くない」などという声も聞かれますが、野球開始年齢と投球障害発生との関連性なども検証できると良いかと思っております(かくいう私も息子を小学一年生から少年団にいれております。まだ三年生ですが・・・)

OCDは一年から一年半の間、無症状にて経過するといわれています。いいかえれば、痛みが出る前の一年半前から悪くなってきているのです。そして痛みが出てからでは手遅れ(手術適応)ともいわれています。逆に早期に発見できれば保存療法(投球の禁止含)で癒合(治癒)し、その後の野球人生にも影響なく治るともいわれています。

当人にとっては痛みもないのに急に“投げてはダメ”といわれると、戸惑いとともに大きなショックであろうと思います。しかしここで投げてしまうと関節ねずみが形成されて手術するしか方法はなくなってしまいます。

OCDの発生原因は、未だはっきりとしているわけではありません。主には投球動作のアクセラレーション期の肘外側部での衝突による骨壊死といわれています(最初は内側型野球肘に始まり、内側の支持機構の破綻による外側部への負荷)が、一部には投球動作と関係なく遺伝性(体質)が要因ともいわれております。

また内側型から進展するのであれば、高校生時期に発生してもそれ以前(小・中学生時期)でのあり方(投球フォームや投球数)が問題である可能性も大です。過去(小・中学生時期)に内側型野球肘を患っている選手はかなりみられます。

治療は投球動作の完全休止(3~6ヶ月、もしくはそれ以上になることも)とLIPUS{低出力パルス超音波(商品名:セーフス、オステオトロン等)}照射が有効であるとされています。

強豪校ともなると、監督さん、部長先生はじめ他の先生方も選手の体をとても大切にされております。安心して野球と勉学に打ち込めることを感じます。

新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

ヤマモト整骨院  スタッフ一同

毎年この時期になると少々複雑な感覚になります。そしていつも患者さんと目を合わせ笑ってしまいます。
新年のあいさつとして来院された患者様に上記のようなあいさつをするわけですが、患者さんとしましては“よろしく”なんてされたくないですよね。通わなくてすめばそれに越したことはないのですから。
でも、毎年やはり新年はこのあいさつです。

アドヒアランス

いよいよ今年も残すところ、あと2日となってしまいました。

本当に年々一年がどんどん短くなっていくように感じられます。

今年一年を振り返ると、なんといっても東北での未曾有の災害が起こり、それによって人の繫がりの大切さを再認識させていただきました。また個人的には今年から学生にもなりとても慌ただしい、しかしとても充実した一年でもありました。来年、再来年・・・、とまだまだこの慌ただしさは続くと思いますが、数ある治療院のなかでわざわざここを選んで来てくださる患者様に対して学び続けることが使命だと思っております。そして現状に流されず正しいと思った方向へ絶えず前進・変化していくことがとても重要だと思っております。最近では少し久しぶりに来院された方にはベッドの配置などをみて「あれっ、また変わったね!」なんて良く言われます(笑)

「アドヒアランス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
「コンプライアンス」はよく聞かれると思いますが、医療界の中ではやや一般認識とは違った使われ方をします。
一般的には企業などで「法令順守」といった意味でよく使われますが、医療界では「〇〇さんはコンプライアンスが悪い!」などといった使われ方をします。「〇〇さんは法令順守が悪い?」よく意味が分かりませんね。

この場合、「法令順守」という意味でなく、「命令に従う」という意味で使われます。すなわち病院などでは特に服薬指導の時などに「〇〇さんはコンプライアンスが悪い」などと使われます。薬を飲むいいつけを守ってくれないということです。しかし最近ではこのコンプライアンスという言葉は考え直される方向にあります。それは今の説明にあるとおり、これはお医者さん主導の考え方だからです。そこで最近では「アドヒアランス」が使われるようになってきました。

「アドヒアランス」とは「患者さんが治療方針の決定に積極的に参加し治療を受ける」といった対等な立場に立ったものの考え方です。今までの「治らないのは患者さんが従わないからだ」ではなく、医師だけでなく患者さん、医療関係者も全て含めて皆で治していこう、もしくは患者さん主導になることによって、かえって結果が良くなってくるという考えです。

似たようなものにインフォームド・コンセントがあります。「説明をした上で同意を得て治療をする」といったものです。今では皆様よくご存知だと思います。しかし最近ではこれよりやや進み「インフォームド・チョイス(セレクション)」が使われるようになってきました。例えばこの病状に対してはAという治療とBという治療方法があり、それぞれこのようなメリット、デメリットが考えられる、ということをしっかりと説明、提示をしたうえで選択をしてもらう(患者さん主導で決定してもらう)というものです。

病院だけでなく、我々もそうあるべきだと思います。この症状、状態に対してどのような治療法があるのか、当院では何を提供できるのか、保険内・保険外を含めて来年はアドヒアランス、インフォームド・チョイスを目指します。

仕事は明日もう1日ありますが、今年のブログはこれが最後になるかと思います。
良いお年をお迎え下さい。
また来年もよろしくお願い申し上げます。

ヤマモト整骨院  山本幸治

勉強会

一昨日の夜は吉村接骨院(吉村真治先生)での勉強会でした。

エコーでの肘関節の観察について、稚拙ながら講師をやらさせていただきました。肘関節は野球肘などで観察することも多い場所で、またエコーはその場合とても有用性の高いものであります。

吉村先生をはじめ、他の先生方からの豊富な知識、色々な方法や意見を頂戴し、またディスカッションできとても有意義な勉強会でした。

今回は、たまたま講師という立場でしたが、いつもいつも大変勉強させてもらっています。それらを患者様に還元し日々の診療に活かせるよう努力していきたいと思っています。

LPSTプログラム

ご要望が多く、LPSTプログラム実施の際、ご希望があれば診療(施術)も受けていただけるように致しました。

その際、別料金がかかるようなことはございません。
保険証の提示も不要でございます。

東北復興野球交流試合・教室

以前、御協力いただきました東北復興野球交流試合・教室の支援金のお礼状が東北の高校球児よりぞくぞく届いております。ここにお礼を兼ねさせていただきご紹介ご報告いたします。御協力有難うございました。

また、まだまだ大変な折、ご丁寧なお礼状いただけましたことを、代表してお礼申し上げます。大好きな野球を通して皆が協力、団結し繫がりあえることをうれしく思います。

東海野球傷害研究会

昨日は第15回東海野球傷害研究会行ってまいりました。
 

 

講演Ⅰ
  投球時の傷害の多くみられるものとして後方痛があります。

後方部痛を呈するものには
1)Bennett骨棘
2)QLSS(Quadrilateral space syndrome)
3)肩甲骨内上角炎
4)リトルリーガー肩

などがあります。

そのBennett骨棘も、上腕三頭筋付着部に発生するという説と後方関節包部に発生するとしたものと分かれます。今回、杉本先生、後藤先生、武長先生らの研究によると、解剖的側面、臨床的側面から肩甲骨関節面の約7時の方向に上腕三頭筋付着部があり、後方関節包部よりもやや外方に位置し、同部位に骨棘ができることから、やはり上腕三頭筋が大きく関与すると思われるとのこと。ただ、上腕三頭筋付着もバリエーションが多彩で当然、後方関節包にも線維を伸ばしていると思われ加味する必要がある。

講演Ⅱ
 以前にもお伝えした瀬戸口先生のThrowing planeのコンセプトについてでした。
近年スポーツ科学の分野において投球フォームについて色々な研究がなされています。その中で特に今まで漠然としていたCocking phaseからAcceleration phaseでの負担のかからない、効率的なモーションを言葉の定義づけとともに講演いただきました。

・Shoulder plane
・Elbow plane
・SEA
・Under SEA
・Over SEA
・Single plane
・Double plane
・THABER concept
・Out of plane
など

・Shoulder plane : 投球時の上腕骨軸の軌跡
・Elbow plane : 投球時の前腕骨軸の軌跡
・SEA : Shoulder planeとElbow planeが一致する角度
・Under SEA : 外旋が不十分でSEAに達していない
・Over SEA : 過剰な外旋状態
・Single plane : Shoulder planeとElbow planeが一致した状態
・Double plane : Shoulder planeとElbow planeが一致していない
・THABER concept : (Total Horizontal Abduction External Rotation)股関節、体幹、肩甲骨などの運動連鎖によるトータルコンセプト
・Out of plane : 前額面上もしくは肩甲骨面上の2次元的平面から逸脱した状態

何度聞いても、分かり易くとても理にかなった運動連鎖です。
このように投げられれば、傷害発生率も下がりパフォーマンスも向上されるでしょう(球速Up)

講演Ⅲ
 近年注目されているスポーツ選手の腰椎分離症です。

成長期に多く発生し過負荷による疲労骨折です。
スポーツ種目別発生件数としては、野球が圧倒的に多く、次いでサッカーということでしたが、競技特性というよりも、やはりこの年代野球とサッカーをする子が多くその為だろうとのことでした。

伸展・回旋を強制する種目に多い。野球であれば、投球動作・バッティング動作。
スポーツ選手の9%にみられる。

発生要因は、先天的素因(後弓の低形成)+スポーツによる負荷

分離症からすべり症への進展は10~20%にみられ、
進展しやすいのは

・若年発症(小学生低学年)
・女性(弛緩性が高い)
・楔状化した椎体
・分離部の可動性

すべり症に進展すると下肢への神経症状が出現する可能性がある。

初期で発見すれば骨癒合が期待できる。CT及びMRI撮影が必要。
CTにより形状を把握する。亀裂型(角が角ばっている)、偽関節型(角が丸まっている)
MRIは骨折初期診断に有用。

病期により癒合は期待できず疼痛管理。
癒合を目指す場合、スポーツの完全中止(体育も中止)+軟性コルセットor硬性コルセット処方により3~6ヶ月。

リハビリ及び予防は
・股関節周囲筋群のtightnessを緩和(ストレッチ)
・体幹筋群の強化(特に腹筋群)

手術適応は
・分離部が偽関節型
・スポーツ継続の希望が強い
・痛みが消失しない
など

術式は
・分離部修復術
・椎間固定術

いずれの先生方にも講演の後の懇親会にていろいろお話をお伺いしました。
ご高名な名古屋スポーツクリニックの杉本先生には、OCD(離断性骨軟骨炎・外側型野球肘)の不安定性のエコー評価について。
また中日ドラゴンズチームドクターであられる、みどりクリニック瀬戸口先生は現場と医療とのギャップについて嘆いておられました(経験論的な現場と科学的な研究、解明を進める医療)。両方に関わり合いのある私には考えさせられる事であります。
また腰椎分離症は、やはり形成されても以後のスポーツ活動にそれほど支障のないことも多く、そのことがこの時期(一番活発な成長期時期)の運動の完全中止との狭間で単純なものではないということを再認識させていただきました。

水没その後

結局、携帯は有償修理になってしまいました(涙)

肥満に対する認知行動療法

近年、生活習慣病である糖尿病が増加しています。つきつめれば根本の原因は肥満にあります。

肥満について
臨床心理学的なアプローチにおいて興味深いことがありましたので紹介いたします。

肥満への
臨床心理学においてのCBT(認知行動療法)的介入

●いかなる非外科的肥満治療でも,治療後3~5年以内にはほぼすべての例で元の体重に戻っている.
●現在の肥満治療の最大の問題は,減量した体重をいかにして維持していくかである.
●減量後の再増加を阻止するには,まず減量期と体重維持期を区別する必要がある.
●減量期のうちから,体重維持という目標を受け入れることに対する抵抗を扱うことが不可欠である.
●体重維持に重点をおいた認知行動療法を行うことで,減量した体重の再増加の阻止が十分期待できる.

(野崎・小牧、2007)

いったん減量に成功しても5年以内には、ほとんどが元の体重に戻っているというのは衝撃的です。ようは体重を減らすことは一念発起して可能であるが、それをリバウンドさせず維持するのが一番大変であり、重要なことであるということである。その為には考え方として減量期と体重維持期を区別して行なっていかなければならないということです。目標の数値まで減ったらさらに減らそうとするのではなくその体重を維持してゆくプログラムを実践していくのである。そしてそれを患者さんが理解することが大切である。戻るんだったらその分を見越してもっと減らしておけばいいじゃん!などと考えてはいけないということです。そうすると必ずリバウンドしてしまうということになります。

また、ダイエットで注意しなければならないのは、ただ単に汗をかいたのでやせる!なんてことはなく、運動して筋肉量を増やすことで、それによって基礎代謝量があがり、カロリーをより消費しやすい身体になることでやせていくのです。そして筋肉量を増やしてのダイエットはリバウンドしにくく、ただ単に食事を減らしてのカロリー制限によるダイエットはリバウンドしやすいのは周知の通りです。もちろん食べ過ぎはよろしくありませんが・・・。

自戒の念も含めて。

水没

携帯電話、水没させてしまいました(涙)

汚かったので洗濯してしまいました(涙)

只今、復活を願って猛乾燥中です。なので携帯に電話やメールくださる方、当分お返事できそうにありません。お許し下さい。

LPSTプログラム 患者様の声

LPSTプログラム患者様の声を随時UPしてまいります。
御協力いただきました方へ、この場をかりてお礼申し上げます。

原文そのままです。

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト