野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

お役立ち情報 【岐阜市の接骨院、腰痛・むち打ち・交通事故はヤマモト整骨院】

不定期にお役立ち情報をUPしていければ・・と思います。
今回は椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の椎骨と椎骨の間にある椎間板の中心部にある髄核が繊維輪から飛び出したものを言います(アンパンのあんこが飛び出した状態)

・頸部に起こったものを頚椎椎間板ヘルニア。

・腰部に起こったものを腰椎椎間板ヘルニアといいます。
・胸椎部にも起こりますが構造上稀です。

脊柱のクッションの役割をしている椎間板は、年齢(20歳すぎ)とともに衰えてくる為、反復する力学的ストレス及び瞬間的な強力な圧力等によって繊維輪に亀裂が生じ、そこから髄核が脱出し、神経を圧迫します。働き盛りの20~30歳から多くみられます。

膨隆型
例えばずっと同じ姿勢でいると、腰椎はいつも同じ重量を受け続けます。すると、髄核は上からの重量で押され続け、繊維輪に圧迫を加えます。やがて、圧迫に耐えかねた繊維輪の一部が変形して突出します。

 

 この突出部分が脊髄の神経を圧迫することによって、痛みなどの症状がでてきます。これを膨隆型と呼びます。繊維輪そのものが変形してしまうので、長期化することが多いのですが、圧迫量は脱出型より少ないので症状が弱い特徴があります。

脱出型
椎間板は、柔らかい髄核(ずいかく)を、硬い繊維輪(せんいりん)で包んで保護する形になっています。繊維輪は硬い事は硬いのですが、あまり無理をさせるとヒビが入ることがあります。

 そのヒビから髄核が外に脱出してしまったものを脱出型と呼びます。大抵はヒビが入った瞬間に脱出も起こるので、急激な痛みなどを伴うのが特徴ですが、膨隆型に比べると症状の改善が早いと言われています。


腰椎椎間板ヘルニア

好発部位
腰椎椎間板ヘルニアは負荷がたくさん掛かり可動が多い下位腰椎(L4/5, L5/S1)に多くみられる。

症状
通常、片側の下肢痛及びしびれが強く腰部の痛みは比較的少ないのが特徴(ヘルニアを起こしているのは腰椎部であるから腰痛が一番の症状と思いがちであるが、純粋なヘルニアである場合、腰痛よりも臀部から足にかけての症状のほうが強い)。稀にヘルニアが巨大であったり中心に脱出している場合両側の下肢に症状が出現するときもある。

痛みは転げまわるほどの激痛から、ジクジクと痛むものまで幅広くあります。脱出型では痛みが強い傾向が見られます。

痛みを伴わない場合もあり、しびれとして感じることもあります。これといった理由も無いのに、いつもしびれているような感覚がある場合は、運動神経を圧迫されている可能性があります。

さらに悪化すると歩行困難、マヒ、さらには排尿障害まで至ることがあります。

若年者のヘルニアは高齢者に比べ椎間板内圧が高く、強い症状を呈しやすい。
頚椎椎間板ヘルニア

好発部位
頚椎椎間板ヘルニアは負荷がたくさん掛かり可動が多い下位頚椎(C5/6, C6/7)に多くみられる。


症状
 頚椎椎間板ヘルニアは腰椎ヘルニアに比べて、発症年齢が比較的高く、40歳以上に好発。

代表的な症状は首の痛みやこりです。午前中は比較的症状が軽くても、午後から夕方になるにつれて症状が強くなるのが特徴です。神経が脊髄で圧迫を受けているのか、神経根で圧迫を受けているのかによって現れる症状は異なります。

脊髄が圧迫されているようなら、手のしびれが現れます。手のしびれは片側だけの時もありますが、次第に反対側にも現れることもあります。また、最初から両側にしびれが現れていることもあります。手指の細かな運動もしづらく、箸で豆をつまんだり、魚をほぐすことができにくくなったり、衣服のボタン、とくに目で見ることのできない首まわりのボタンのとめはずしが難しくなります。

脚にも症状が出て、脚がこわばって歩きにくくなる、いわゆる「痙性(けいせい)歩行」が現れます。階段の昇降に手すりが必要になり、脚のこわばりのため、とくに階段を降りにくくなることが多いようです。

神経根が圧迫されると、主に後頸部から肩、手指にかけての疼痛が現れます。この疼痛は、頸部を反らすようにすると強まるのが特徴で、これは神経根の圧迫がますます増強されるためです。

検査


レントゲン

 通常、先ず最初に行われ骨の状態を把握します。
しかし、椎間板自体は写らない為、確定するにはMRI等が必要になります。


MRI
 極めて有用で椎間板の状態が把握できる。
レントゲンと違いX線でなく、磁気による為被爆の恐れが無く身体に無侵襲。


ミエログラフィー
造影剤を硬膜内に注入し、その形状で神経の圧迫の程度を見る方法。身体に侵襲的な為、MRIの普及により余り使用されなくなった。


治療

保存的治療
 薬物治療、神経ブロック、各種物理療法、牽引療法、マッサージ等。
ヘルニアのほとんど(85%~90%)は、この保存療法で症状軽減されると言われている。


観血的治療
手術

 ・ラブ法
    椎間板ヘルニアの手術で一般的に行われている方法です。背中側から神経を包む椎弓という椎骨の一部を切除し露出させ、硬膜と神経根を確かめながら横によけヘルニアを摘出する方法です。

・経皮的随核摘出手術
    切開しないで随核を吸引する方法です。
直径5mmの細い管を背中の少しわきから皮膚に直接刺して、椎間板の中の随核を吸引します。
これにより飛び出していたヘルニアがもとに戻り神経根への圧迫がなくなります。
体への負担が少なく、1週間から13日ほどで退院できます。
ただしこの方法は70%の治癒率で、大きく飛び出したヘルニアには効果がありません。
また40代以降の人では随核の弾力性が低下しているため行うことはできません。

 

  レーザー   PLDD(経皮的髄核減圧術)
    ヘルニアを起こした部分に直径0.8mmの細いレーザーファイバーを穿刺し、レーザー光の熱で髄核に空洞を作り、椎間板を縮ませて神経の圧迫を取り除きます。健康保険の対象外。
考察

 ヘルニアのほとんど(85%~90%)は、保存療法で症状軽減されると言われています。強度な痛み、しびれも保存療法により何ら日常生活に影響を及ぼさない程度にまで回復する事も多く見受けられます。一部のヘルニア(サイズが大きいヘルニア、破裂し遊離したヘルニア)では、自然に消腿縮小することも解ってきました(組織球による異物貪食、分解作用によってヘルニアが小さくなる)。

手術にはやはりリスクも伴う為、先ずは保存療法を試みてみるのが良いと思われます。ただ、直腸膀胱障害(おしっこや便の出具合が悪い)が見られるような場合は直ちに手術を検討しなければなりません。

又、最近話題になっているレ-ザ-椎間板蒸散法は、線維輪が壊れていない症例で、椎間板内圧が高いタイプのヘルニアが適応となります。すでに線維輪を破って、脊柱管内に飛び出たヘルニアには効果が望めない様です、適応を選ぶことが肝要です。

【岐阜市の接骨院、首・肩・腰の痛み、野球肘、むち打ち、交通事故治療、酸素カプセルはヤマモト整骨院へ】

新年 【岐阜市の接骨院、腰痛・むち打ち・交通事故はヤマモト整骨院】

明けましておめでとうございます。

お正月休みに子供とスキーに行ったり、暴飲暴食をしリフレッシュ致しました(笑)

皆様のお休みはいかがでしたか?

今年はチャレンジの年になると共に、慌ただしい一年にもなりそうな予感が致します。

よりレベルアップを目指すと共に、患者さんにとって我々の使命・存在意義というものがどういう所にあるのかを考えて行きたいと思っております。

本年もヤマモト整骨院をよろしくお願い致します。

今年も 【岐阜市の接骨院、腰痛・ムチウチ・交通事故はヤマモト整骨院】

あと数日を残すのみとなりました。

年をとるごとに一年が短く感じられますが、今年は特にあっという間の一年であったように思います。

今年は転機の年でした。己を見つめ直し自らのスキルアップを目標に頑張ってきました。いち治療家としてもそうですが、一人の人間としてまだまだである事を痛感させられました。

来年は新たな事にチャレンジすると共に、1日1日少しずつでもよいので成長していきたいと思っております。

40歳を過ぎてやっと生涯勉強という事が解かってきた様に思います。

至らない私ではございましたが、皆様に今年一年の感謝を申し上げると共に、来年の健康とご多幸をお祈り申し上げます。

有難うございました。

サクラ 【岐阜市の接骨院・ムチウチ・交通事故治療はヤマモト整骨院】

が咲きました!

先日、お伝えした二次選考ですが、何と合格致しました。面接時の余りの不甲斐なさに、半分諦めかけていただけに感無量です。内容は散々でしたが、熱意だけは何とか伝わったのだと思います。

来春から40過ぎのおやじが大学生(通信ですが・・・)になります。

何故今さら、と思われるでしょうが、「まだまだ学ぶべき事が沢山ある、いっその事大学へ行っちゃえ」と思ってしまいました。もちろん他にも目的はあるのですが・・・長くなるので話せません。

ただ、大変なのはこれからです。通信の場合「入るは易し、出るは難し」卒業しなければ意味が有りません。オンデマンドで通学生の方とほぼ同じカリキュラムを受講し単位を取得していきます。これから長い道のりですが、仕事と学生と両立させ目標に向かって何が何でも頑張り通したいと思います。家族にも迷惑と負担を強いる事になり申し訳なく思います。

しかし結果仕事にも家庭にも大きなプラスになるものと信じています。

これからも宜しくお願い致します。

受験 【腰痛・鞭打ち・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

実は、先日の日曜日は今年一年心の中で温めてきたある事に挑戦しようと受験に行ってきました。

一次試験はなんとか合格し、この日は二次試験の面接でありました。

前日より前のりして体調万全にして臨みました。その特性から社会人の方々が多く、また皆、真剣そのものゆえ、異常なる緊張感が漂っていました。20数年?前に経験した共通一次以来の緊張感でした。

結果は散々でした。見事に打ち砕かれました。面接の部屋から出て帰路につく時はこれだけ肩って落ちるんだという位、うな垂れていたと思います。電車に乗っていた周りの人達は、私が、面接帰りだと知っていたら、落ちたという事が一目瞭然で解かったと思います。もちろん結果はまだ出た訳では無いので一縷の望みはありますが、正直何とかなるのではという甘い気持ちがあったのかもしれません。「あなたの望むものはここには無いと思うよ」的な事まで言われてしまいました。会話が噛み合ってなかったというか、自分の準備不足、勉強不足の為、気持ちが空回りして思いが面接官の方に全然伝わらなかったように思います。部屋から出た後も再びドアを開けて「そうじゃないんです。こうこう、これこれなんです。」と言い直したい、そんな心境でした。やるだけのことはやったので後悔は無いなんて言ってみたい。なんでこんな風に言ってしまったのだろう、なんでこう言わなかったんだろうと後悔の塊でした。

しばらくはショックから立ち直れそうも有りません。

おまけに帰りの新幹線も止まってしまい一時間半程足止めをくらいました。踏んだり蹴ったりとはこのことでしょうか。指定席も取ってあったのに別の便に乗り換え2時間立って帰ってきました。しかしそんな事は何の気にもなりませんでした。普段ならカッカカッカきてる筈なのに、人間それ以上の事があると何とも思わないんですね。という事は普段カッカカッカきているという事は、ある意味幸せなことなのかもしれませんね。

あまりのショックに並んでしまいました。

NSCAカンファレンス 【ぎっくり腰・ムチウチ・交通事故治療はヤマモト整骨院】

NSCAカンファレンスに行ってきました。

10余りある講演、実技の中から、

・野球に関連したコンディショニング  ~体幹・股関節へのアプローチ~  弘田雄士 CSCS
・コアトレーニング   野口克彦 CSCS、NSCA-CPT
・体幹&股関節のコントロール:膝の障害を予防するための神経筋トレーニング
Donald A.Chu     CSCS,CPT,ATC,PT

を選択し勉強してきました。

個人的に特に面白く、為になったのは、最初の弘田氏による「野球に関連したコンディショニング」でした。
弘田氏は2003年~2009年千葉ロッテマリーンズのコンディショニングコーチを務めその経験を生かした講義と実技はとても有意義なものでした。現在はあの立花龍司氏と共にコンディショニングの仕事をしているとの事です。

近年、体幹の安定性がとみに叫ばれている。
充分な可動性を必要とする肩関節・股関節・足関節に力を伝える為にも、またケガや故障の予防、ひいてはパフォーマンスのアップにもコア(体幹)の安定が最重要である。

トレーニングというと、どうしても野球特性に近い体幹運動や、メディシンボール等を用いたプライオメトリクス的な派手なトレーニングに偏りがちであるが、コアの安定化を徹底的に行いベースを構築する必要がある。

この弘田氏の講義に限らず、気が付いて見れば、今回受講したものは全てがコアでした(笑)。

一見ただお腹を凹ましているだけに見える地味なトレーニングであるのですが、スポーツ選手に限らず、老若男女を問わず、全ての人の健康にとても大切であるという事を再認識させられました。仕事に応用、還元できれば・・・と思います。

金魚 【腰痛・鞭打ち・交通事故治療はヤマモト整骨院】

今年もまた金魚が卵を産みました。

見にくいですが、ピンクの粒々が卵です。
例年、5~6月位に産卵するのですが、今年は異常気象のせいか、春にも産みましたが最近もまた産みだしました!?
えらいこってす!!最初2匹だけだったのが・・・えらい増えてしまいました。金魚貧乏です。

それも、毎年白い卵なのになんと今回は何故だか解かりませんがピンクです。

誰か貰って下さる方はいませんか?
もちろん当院と関係のない方でも全くかまいません。
TELにて、「金魚の赤ちゃん頂戴!!」と言っていただければ結構です。器とかは用意してくださいね。

一ヶ月位前に産まれた赤ちゃんです。

解かりづらいですが、「まつげ」みたいなのがそうです。

こちらは今年の春産まれた子達です。

もう、こんなに大きくなっています。

昨年、産まれた子です。

尾っぽまでいれれば全長10cm位になってしまいました(驚)。

金魚の卵、赤ちゃん、あまり見る機会がないと思います。皆さん「こんなんなんだ~」と驚かれます。
貰っていただかないと看板も「ヤマモト金魚や」に代わってしまうかもしれません。
是非、お子様にどうぞ!

少年野球 【腰痛・ムチウチ・交通事故治療はヤマモト整骨院】

久しぶりに少年野球に行ってまいりました。

自らの体力の衰えを日々感じる年代になりましたが、年を考えず張り切りすぎ足が攣りかけてしました。
子ども達のケガの心配をする前に自分がケガをしない様にしないといけなさそうです(笑)。

しかし、ボランティアと言えども、子ども達とこの様に野球が出来る事は、ある意味非常に贅沢で幸せなひと時であるという事を感じます。

投球障害 【鞭打ち・腰痛・交通事故治療はヤマモト整骨院へ】

第一回S&Hラボ コンディショニングセミナー行ってまいりました。

●投球障害の治療とコンディショニング         みどりクリニック  瀬戸口芳正先生
●投球障害の測定と評価                  みどりクリニック  野呂吉則PT
●肩甲骨周囲筋群のベーシックエクササイズ     みどりクリニック  百済はつえ先生

みどりクリニック 瀬戸口先生は中日ドラゴンズの選手達を筆頭に数多くのプロ選手を診る、スポーツドクターであられます。

今回は投球障害の治療とコンディショニングと題して、野球の投球障害の中で最も多い関節内インピンジメントについてバイオメカニクスと病態、及び同じくみどりクリニックの野呂・百済先生による測定と評価、エクササイズについて拝聴させて頂きました。

関節内インピンジメントは投球時の最大外旋時(MER)に上腕骨が肩甲骨面から30°水平外転し、前方移動すると過角形成が起こり上腕骨頭が肩甲骨関節窩と衝突し発生します。

その時(最大外旋時)、過角形成を起こさないようにするには肩甲胸郭関節、いわゆる肩甲骨の柔軟性と機能が非常に大切であり肩甲胸郭関節が上方回旋しての適切なMERがとれれば肩甲上腕関節が過外旋せず障害は発生しづらい。また、上半身が反体側股関節を中心にして動く為、反体側の下腹部に力がかかり下半身で投球腕を引っ張れるので運動連鎖が上手くいき腕の力に頼らず腕を振れるのでスピードが出、パフォーマンスアップにつながるとのことでした。

また不適切なMERだとThrowing planeとElbow planeが一致せず、肩には外旋、肘には外反トルクが発生し、内側型野球肘や後方型、強いては離断性骨軟骨炎の発生原因になるとのことでした。

一般的に皆、野球経験者であれば、肘下がり・手投げ・体が早く開く等が良くないということは周知であります。しかし、肘が下がっている、手投げ等はどういうものなのか本当の意味で理解している人は少ないのではないでしょうか?

適切なMERの獲得。その実現の為にS.I.C.K Scapulaの評価を行い、エクササイズによって解消させる。とても有意義で為になる一日でした。

季節の変わり目 【ムチウチ・腰痛・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

ついこの間まで「暑い暑い!!」と言っていたら急に寒くなってきてしまいましたね。
急に寒くなると体調を崩す人が多く見受けられます。

人間の身体にはホメオスタシス(生体恒常性)といって、外部環境が変わっても生命を維持することができるよう、内部環境を一定に保つ機能が備わっています。

例えば、気温が高いときは体温を下げるように体内で調節が行われ、気温が低くなると体温を上げるように逆の方向に調節機構が働きます。

体内でその働きをする器官は、身体の働きを調節する「自律神経系」、ホルモンの分泌を司る「内分泌系」、外部から侵入する異物から身体を守る「免疫系」があります。

残念ながら、年齢を重ねるごとにそれらの働き、機能も徐々に低下してきます。

暑さを乗り切る為に身体は一生懸命頑張りかなり無理をしています。でも、少し涼しくなると気の緩みと共に夏の疲れがドッと出てきます。こうした急激な環境の変化に身体が、機能低下によって対応しきれなくなり、季節の変わり目に体調を崩してしまうようです。

ありきたりですが、しっかりと栄養を取って、規則正しい生活をおくる事が、これらの機能を高め身体を健康に保つ秘訣なのでしょう。

健康管理士 【ムチウチ・交通事故・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

健康管理士一般指導員という資格を聞かれた事のある人はおみえになるでしょうか?

健康管理士の資格は、健康社会の実現を目標に掲げ平成4年に認定されたものです。
当時は予防医学という概念はなく、病気になったら病院に行けばよいと考えられていましたが、医療費の増加などの社会変化を背景に予防医学が推奨されるようになり、地域・企業・医療・福祉・学校・家庭などで正しい健康知識を持ったアドバイザー的な指導者となる認定資格です。

目安4カ月程の講座を受講して資格試験を受けます。決して落とすための試験ではないとの事ですが、昨日も講習会を受講して、後は試験を残すのみとなりました。

来月試験を受けることになるかと思いますが、無事合格して少しでも地域の方々の健康管理のお手伝いが出来ればと思います。

JSBM 【ムチウチ・交通事故治療・酸素カプセルはヤマモト整骨院へ】

昨日、一昨日と大阪で行われたJSBM(日本超音波骨軟組織学会)に出席してまいりました。

土曜日には学会認定資格者限定のセミナーが開催された為、午後を休診とさせて頂き皆様にはご迷惑をおかけ致しました。

翌日曜日には学術総会が開催され、とても充実した二日間となりました。

研究発表も興味深い内容ばかりで、年々発表内容もレベルアップしている事を感じます。特に最近ではカラードプラーを用いた研究発表が多く見受けられるよう感じます。

出席する度、講師陣の先生方の知識の豊富さには毎回驚かされます。

小学生に筋トレは必要か? 【鞭打ち・交通事故・野球肘はヤマモト整骨院へ】

小学生に筋トレは必要か?とよく聞かれます。
小学生時期は骨が弱い為、腕立てなんかしてはいけないという事を聞いたことはありませんか?本当にそうなのでしょうか。

投球障害の多い野球について考えてみます。

トレーニングの様式としては、大きく分けて2種類の方法があります。
一つにはオープンキネティックチェーンと言われる四肢の末梢が接地・固定されていないもの、代表的なものとしてはマシーンによるレッグエクステンションなどが挙げられます。野球の投球動作もしくは他のスポーツのオーバーヘッドモーションなどはこれにあたると思われます。
もう一つは四肢、末端が接地もしくは固定されたクローズドキネティックチェーン。代表的なものとしてはスクワットなどが挙げられます。

筋力トレーニングというのはその名の通り、筋肉をつけるものです。では、小学生時期に筋力は付くのでしょうか?

残念ながらホルモンの関係上、小学生時期には筋力は付きづらいと言われています。

ならば、骨のまだ弱い小学生が筋トレをするのはやはり良くないか。答はノーです。
確かに筋肉が付きづらい時期に一生懸命筋トレをしても意味は薄いです。では、何故肩を造ると言って遠投を行うのでしょうか。これって、筋トレですよね。しかも、骨が丈夫になるには軸圧(重力)が骨にかかる必要があるのに牽引力だけが働くオープンキネティックです。当然筋肉が付着している骨の部分が剥離してもおかしくありません。アメリカの権威あるトレーニング指導者の集まりであるNSCAでは子供の筋力トレーニングは適格な指導者の下、行えば成長を妨げるものではなく、かえって好ましい結果もあるとの発表がされており、適切な方法・強度・量であれば推奨されるという認識であります。

間違った情報の錯綜により、骨の強度にとって大切なクローズドキネティックチェーンを全く行わず、オープンキネティックである投球・遠投の方がよほど骨に負担はかかるかと思われます。小学生時期に筋トレのやりすぎはもちろんよろしくないし、筋力をつけるという事では意味の薄いことではありますが、その成長に合ったある程度のものは必要であると思います。その年代に合った適度を考える必要があると言う事です。
小学生時期は神経系の発達が著しい時です。瞬発性・アジリティー・巧緻性・コーディネーション能力を鍛えることが優先です。しかし多少なりとも普通の何もしていない子よりも沢山球を投げるわけですから、その分適度に腕立て等のクローズドキネティックチェーンを行い骨に軸圧をかける必要があると思います。骨は重力が掛かる事により強度が増します。投げるんだったら少しは腕立てもやったら!ということです。

岐阜アスリハ 【交通事故・鞭打ち・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

「ケガの予防とトレーニング」と題された勉強会行ってまいりました。

某大学トレーニングルームにおいて、関節安定性のためのトレーニングを講師の先生に実技を交えてレクチャーしていただきました。

脳が関与する神経伝達障害による機能的不安定性。
コア(体幹部)のスタビリティーに重要となる腹横筋。
下肢においては大臀筋、上肢においては肩甲骨(肩甲胸郭関節)動きの重要性など。

を講義とともに主にバランスボールを用いての実技を行い非常に興味深く面白い内容で有りました。

昨今、特に体幹の安定性は長年の腰痛に悩まされる人はもちろん、アスリートのパフォーマンスのアップや、また一見無関係と思われるような障害への関連性(例えば野球肩における体幹の不安定性による肩インナーマッスルへの負担の増大)に注目されている事は周知でありますが、さらにその重要性を再認識させていただきました。
短い時間でしたが、とても有意義な講義でありました。
明日からの施療に役立てていきたいと思います。

顎関節脱臼 【酸素カプセル、交通事故治療・むちうちはヤマモト整骨院へ】

昨日、夜中に一本の電話が鳴りました。
やや遠方の寝たきりのおじいちゃんの家族の方からでしたが、世話をしている際取れた歯が喉に詰まりかけ、すかさず手を突っ込んで取ったは良いが、それから口を閉じなくなってしまい食事も取れなくなり、内科の先生に来てもらい点滴を打ってもらったが、もうずっとこのままなのかと心配になって電話を下さりました。

早速往診に向かいますと、案の定アゴの脱臼です。整復する際、認知症も入りしゃべることも意思を伝えることもままならないおじいちゃんの恐怖に慄いた顔を今でも忘れません。
無事整復を済ませ一転にこやかになったおじいちゃんの顔をみて、今日まだビールを飲んでなくて良かった~とつくづく思ったものです。

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト