野球肘・肩,スポーツ外傷,腰痛,むち打ち損傷等は岐阜市白菊町のヤマモト整骨院へ@岐阜市

野球肘・肩,スポーツ外傷,酸素カプセル,
交通事故施術など何でもご相談下さい

少年野球 【腰痛・ムチウチ・交通事故治療はヤマモト整骨院】

久しぶりに少年野球に行ってまいりました。

自らの体力の衰えを日々感じる年代になりましたが、年を考えず張り切りすぎ足が攣りかけてしました。
子ども達のケガの心配をする前に自分がケガをしない様にしないといけなさそうです(笑)。

しかし、ボランティアと言えども、子ども達とこの様に野球が出来る事は、ある意味非常に贅沢で幸せなひと時であるという事を感じます。

投球障害 【鞭打ち・腰痛・交通事故治療はヤマモト整骨院へ】

第一回S&Hラボ コンディショニングセミナー行ってまいりました。

●投球障害の治療とコンディショニング         みどりクリニック  瀬戸口芳正先生
●投球障害の測定と評価                  みどりクリニック  野呂吉則PT
●肩甲骨周囲筋群のベーシックエクササイズ     みどりクリニック  百済はつえ先生

みどりクリニック 瀬戸口先生は中日ドラゴンズの選手達を筆頭に数多くのプロ選手を診る、スポーツドクターであられます。

今回は投球障害の治療とコンディショニングと題して、野球の投球障害の中で最も多い関節内インピンジメントについてバイオメカニクスと病態、及び同じくみどりクリニックの野呂・百済先生による測定と評価、エクササイズについて拝聴させて頂きました。

関節内インピンジメントは投球時の最大外旋時(MER)に上腕骨が肩甲骨面から30°水平外転し、前方移動すると過角形成が起こり上腕骨頭が肩甲骨関節窩と衝突し発生します。

その時(最大外旋時)、過角形成を起こさないようにするには肩甲胸郭関節、いわゆる肩甲骨の柔軟性と機能が非常に大切であり肩甲胸郭関節が上方回旋しての適切なMERがとれれば肩甲上腕関節が過外旋せず障害は発生しづらい。また、上半身が反体側股関節を中心にして動く為、反体側の下腹部に力がかかり下半身で投球腕を引っ張れるので運動連鎖が上手くいき腕の力に頼らず腕を振れるのでスピードが出、パフォーマンスアップにつながるとのことでした。

また不適切なMERだとThrowing planeとElbow planeが一致せず、肩には外旋、肘には外反トルクが発生し、内側型野球肘や後方型、強いては離断性骨軟骨炎の発生原因になるとのことでした。

一般的に皆、野球経験者であれば、肘下がり・手投げ・体が早く開く等が良くないということは周知であります。しかし、肘が下がっている、手投げ等はどういうものなのか本当の意味で理解している人は少ないのではないでしょうか?

適切なMERの獲得。その実現の為にS.I.C.K Scapulaの評価を行い、エクササイズによって解消させる。とても有意義で為になる一日でした。

季節の変わり目 【ムチウチ・腰痛・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

ついこの間まで「暑い暑い!!」と言っていたら急に寒くなってきてしまいましたね。
急に寒くなると体調を崩す人が多く見受けられます。

人間の身体にはホメオスタシス(生体恒常性)といって、外部環境が変わっても生命を維持することができるよう、内部環境を一定に保つ機能が備わっています。

例えば、気温が高いときは体温を下げるように体内で調節が行われ、気温が低くなると体温を上げるように逆の方向に調節機構が働きます。

体内でその働きをする器官は、身体の働きを調節する「自律神経系」、ホルモンの分泌を司る「内分泌系」、外部から侵入する異物から身体を守る「免疫系」があります。

残念ながら、年齢を重ねるごとにそれらの働き、機能も徐々に低下してきます。

暑さを乗り切る為に身体は一生懸命頑張りかなり無理をしています。でも、少し涼しくなると気の緩みと共に夏の疲れがドッと出てきます。こうした急激な環境の変化に身体が、機能低下によって対応しきれなくなり、季節の変わり目に体調を崩してしまうようです。

ありきたりですが、しっかりと栄養を取って、規則正しい生活をおくる事が、これらの機能を高め身体を健康に保つ秘訣なのでしょう。

健康管理士 【ムチウチ・交通事故・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

健康管理士一般指導員という資格を聞かれた事のある人はおみえになるでしょうか?

健康管理士の資格は、健康社会の実現を目標に掲げ平成4年に認定されたものです。
当時は予防医学という概念はなく、病気になったら病院に行けばよいと考えられていましたが、医療費の増加などの社会変化を背景に予防医学が推奨されるようになり、地域・企業・医療・福祉・学校・家庭などで正しい健康知識を持ったアドバイザー的な指導者となる認定資格です。

目安4カ月程の講座を受講して資格試験を受けます。決して落とすための試験ではないとの事ですが、昨日も講習会を受講して、後は試験を残すのみとなりました。

来月試験を受けることになるかと思いますが、無事合格して少しでも地域の方々の健康管理のお手伝いが出来ればと思います。

JSBM 【ムチウチ・交通事故治療・酸素カプセルはヤマモト整骨院へ】

昨日、一昨日と大阪で行われたJSBM(日本超音波骨軟組織学会)に出席してまいりました。

土曜日には学会認定資格者限定のセミナーが開催された為、午後を休診とさせて頂き皆様にはご迷惑をおかけ致しました。

翌日曜日には学術総会が開催され、とても充実した二日間となりました。

研究発表も興味深い内容ばかりで、年々発表内容もレベルアップしている事を感じます。特に最近ではカラードプラーを用いた研究発表が多く見受けられるよう感じます。

出席する度、講師陣の先生方の知識の豊富さには毎回驚かされます。

小学生に筋トレは必要か? 【鞭打ち・交通事故・野球肘はヤマモト整骨院へ】

小学生に筋トレは必要か?とよく聞かれます。
小学生時期は骨が弱い為、腕立てなんかしてはいけないという事を聞いたことはありませんか?本当にそうなのでしょうか。

投球障害の多い野球について考えてみます。

トレーニングの様式としては、大きく分けて2種類の方法があります。
一つにはオープンキネティックチェーンと言われる四肢の末梢が接地・固定されていないもの、代表的なものとしてはマシーンによるレッグエクステンションなどが挙げられます。野球の投球動作もしくは他のスポーツのオーバーヘッドモーションなどはこれにあたると思われます。
もう一つは四肢、末端が接地もしくは固定されたクローズドキネティックチェーン。代表的なものとしてはスクワットなどが挙げられます。

筋力トレーニングというのはその名の通り、筋肉をつけるものです。では、小学生時期に筋力は付くのでしょうか?

残念ながらホルモンの関係上、小学生時期には筋力は付きづらいと言われています。

ならば、骨のまだ弱い小学生が筋トレをするのはやはり良くないか。答はノーです。
確かに筋肉が付きづらい時期に一生懸命筋トレをしても意味は薄いです。では、何故肩を造ると言って遠投を行うのでしょうか。これって、筋トレですよね。しかも、骨が丈夫になるには軸圧(重力)が骨にかかる必要があるのに牽引力だけが働くオープンキネティックです。当然筋肉が付着している骨の部分が剥離してもおかしくありません。アメリカの権威あるトレーニング指導者の集まりであるNSCAでは子供の筋力トレーニングは適格な指導者の下、行えば成長を妨げるものではなく、かえって好ましい結果もあるとの発表がされており、適切な方法・強度・量であれば推奨されるという認識であります。

間違った情報の錯綜により、骨の強度にとって大切なクローズドキネティックチェーンを全く行わず、オープンキネティックである投球・遠投の方がよほど骨に負担はかかるかと思われます。小学生時期に筋トレのやりすぎはもちろんよろしくないし、筋力をつけるという事では意味の薄いことではありますが、その成長に合ったある程度のものは必要であると思います。その年代に合った適度を考える必要があると言う事です。
小学生時期は神経系の発達が著しい時です。瞬発性・アジリティー・巧緻性・コーディネーション能力を鍛えることが優先です。しかし多少なりとも普通の何もしていない子よりも沢山球を投げるわけですから、その分適度に腕立て等のクローズドキネティックチェーンを行い骨に軸圧をかける必要があると思います。骨は重力が掛かる事により強度が増します。投げるんだったら少しは腕立てもやったら!ということです。

岐阜アスリハ 【交通事故・鞭打ち・酸素カプセルはヤマモト整骨院】

「ケガの予防とトレーニング」と題された勉強会行ってまいりました。

某大学トレーニングルームにおいて、関節安定性のためのトレーニングを講師の先生に実技を交えてレクチャーしていただきました。

脳が関与する神経伝達障害による機能的不安定性。
コア(体幹部)のスタビリティーに重要となる腹横筋。
下肢においては大臀筋、上肢においては肩甲骨(肩甲胸郭関節)動きの重要性など。

を講義とともに主にバランスボールを用いての実技を行い非常に興味深く面白い内容で有りました。

昨今、特に体幹の安定性は長年の腰痛に悩まされる人はもちろん、アスリートのパフォーマンスのアップや、また一見無関係と思われるような障害への関連性(例えば野球肩における体幹の不安定性による肩インナーマッスルへの負担の増大)に注目されている事は周知でありますが、さらにその重要性を再認識させていただきました。
短い時間でしたが、とても有意義な講義でありました。
明日からの施療に役立てていきたいと思います。

顎関節脱臼 【酸素カプセル、交通事故治療・むちうちはヤマモト整骨院へ】

昨日、夜中に一本の電話が鳴りました。
やや遠方の寝たきりのおじいちゃんの家族の方からでしたが、世話をしている際取れた歯が喉に詰まりかけ、すかさず手を突っ込んで取ったは良いが、それから口を閉じなくなってしまい食事も取れなくなり、内科の先生に来てもらい点滴を打ってもらったが、もうずっとこのままなのかと心配になって電話を下さりました。

早速往診に向かいますと、案の定アゴの脱臼です。整復する際、認知症も入りしゃべることも意思を伝えることもままならないおじいちゃんの恐怖に慄いた顔を今でも忘れません。
無事整復を済ませ一転にこやかになったおじいちゃんの顔をみて、今日まだビールを飲んでなくて良かった~とつくづく思ったものです。

ブログを始めます。

これからブログを始めていきます。みなさまにお役にたつような情報を掲載していきたいと思っておりますので、今後とも宜しくお願いします。

受付・施術時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

058-297-1779

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市白菊町5-10
駐車場あり

情報サイト