料金&当院の考え

当院の考え

 当院での施術は基本自費での施術となります。
 自費での施術は保険施術に対し特別施術と称させて頂いております。


 特別施術は患者様としっかりと向かい合って施術をするために、予約制とさせて頂いております。

 

 急性のケガ、すなわち骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)に対しては保険施術行っております(骨折・脱臼においては応急処置を除き医師の同意が必要)。

 ケガは不測のため予約は不要ですが、電話一本頂けますとお待たせすることも比較的少なく済むと思います。

なぜ自費での施術なのか?

 誰でも保険が使えるのであれば使えた方がそれは良いわけです。私だってそうです。


 しかし残念ながら接骨院・整骨院の保険は何が何にでも適用されるというわけではありません。
そしてさらに保険の施術にはできることに限りもあります。


 接骨院・整骨院における療養費(健康保険)の対象は原因が明らかな急性のケガ、すなわち骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)と定められております。これはルールであり接骨院・整骨院は病院ではないので致し方ないことです。ゆえに、当然慢性的な痛みや障害は保険対象外であります。


 慢性疾患に対して保険適用しているのは論外ですが、議論になるのが亜急性の状態です(いわゆるグレーゾーンといわれる部分です)。


 亜急性のものはどういうものかといいいますと、昔から悪かったが最近になり何かを契機としてより強く発症したものや、特にスポーツ活動中にみられる繰り返しの外力(ストレス)による障害を亜急性と表現したりします。これらが保険適用されるかどうかは議論があります。

 

 最近では、ケガに亜急性のものなどないとの指摘もございますが、それらの議論の正否はここではさておき、当院においては亜急性や繰り返しの外力による障害も自費での施術とさせて頂いております。例えば、朝起きたら首が寝違えしていたや、畑仕事をしていたら腰が痛くなった、オスグッド病に代表されるような繰り返しの外力によるスポーツ障害もです。それには二つの理由があります。

 

 一つには、接骨院・整骨院での療養費算定はやはり急性のケガに対してのものになっており、亜急性の状態に対しての施術としてはそぐわないと考えるからです。足首を捻りパンパンに腫れているものに対して冷却したり、包帯を巻いたりといった処置をするのが急性症状への対処です。療養費はそれを前提として設定されています。


 それに対して腰痛、首の痛みや反復するスポーツ障害など多くは一過性の外傷ではなく、アライメント(姿勢)の問題や動作不良が根本原因となっており、それらを解消、改善しないことには真の治療とはなり得ないわけです。神経症状が出ているものに対してケガの処置をしても意味が無いわけです、神経もしくはそれを誘発している根本に対してアプローチしていかないと…。残念ながら保険を使用した施術ではそこまでのことは出来ず、的確・適切な施術が出来ないからです。


 二つ目には接骨院・整骨院の在り方の変化です。

 昔、整形外科医院様が少なかった頃には、ファーストエイドとしての地域医療を担っている部分が有り、また国もある程度そのように考えていたと認識しています。しかし今では多くの地域に整形外科医院様も存在され、保険治療は何処でもご受療頂くことが出来る状況となっております。

 

 日本の国民皆保険制度は世界に誇れるものです。保険診療とは必要最低限の高度医療を国民誰もが甘受できるという相互扶助の元に成り立っています。そしてそれを維持していくためには財源が必要で有り、ルールも必要となるわけです。ルールがあるということはやれることも限られてくるわけです。

 

 それゆえに病院ではしっかりと診てもらえなかった、三ヶ月経ったら追い出された、なんてことも生じてしまうわけです。それは保険ありきに考えている場合には仕方の無いことなのではないでしょうか?


 そんな現在の医療保険制度では対応しきれない方々を救うのが私共の使命だとも思っています。

 以上のような理由から、当院では急性の外傷以外は自費での施術(特別施術)とさせて頂いております。

自費での施術には多くのメリットがある

 保険が使えないからやむを得ず自費で、というような表現になってしまったかもしれませんが、実は自費での施術には保険施術には無いメリットが多くあります。

 

 よく三時間待ちの三分治療と揶揄されるように、保険を使用した施術では数多くの患者さんをこなさなくてはならず、きめ細かいところまでフォローするのは困難となります。その点当院の特別施術は予約制にてその方の時間を確保して、しっかり向き合って病態に立ち向かうことが出来ます。

 

 また、保険での施術は外傷なので、基本そのケガをした部位のみをみていくことになります。しかしただ単に腰痛一つとっても、腰だけの問題で無いことがほとんどです。むしろ他に原因があることの方が多いわけです。

 

 腰はそもそも多く動く関節構造になっていません。安定すべき関節です。動くべき関節は股関節です。股関節の動きが悪いから腰に負担がかかり腰が悪くなるのですね。そのなれの果てが椎間板ヘルニアであったり、脊柱管狭窄症であったりするわけです。椎間板ヘルニアで下肢に坐骨神経痛が出るのはあくまでも結果です。原因はそこにはありません。

 

 だからそこに湿布を貼っていても治りはしないこと明白ですね。この場合は股関節の動きを正さなくてはなりません。その股関節の動きもハムストリングスや殿筋の硬さからきているのかもしれない、はたまた足関節の可動性からきているかもしれません。このように考えると保険の施術で局所だけみていても結果が思わしくないのは明らかです。

 

 自費での施術は、このように皆様のお身体をトータルでみて、その人にとって必要であろう施術を惜しみなく注ぐことが出来ます。それにより症状も早く軽快し、結果、通院頻度もかえって少なくなります。

 

 このように自費での施術は皆様に多くの恩恵をもたらします。

 目先の料金で判断されず、最終的にどちらがご自身にプラスとなるのか、ご一考頂けますと幸いです。

特別施術料金

保険施術料金

療養費算定基準に準ずる。

急性の骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)に限る(骨折・脱臼は応急処置以外は医師の同意が必要)。

投球フォーム改善指導

酸素カプセル

    フォーム

    受付・施術時間 (予約制)

     
    午前 --
    午後 --

    午前9:00~12:00
    午後4:00~8:00
    (土曜午後は7:00まで)
    祝祭日施術有り。
    (大型連休を除く)

    休院日
    水曜・日曜

    *急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

    所在地

    〒502-0909
    岐阜県岐阜市
    白菊町5-10
    駐車場あり

    058-297-1779

    お問合せ・アクセス・地図

    お役立ちリンク

    PageTop