腰痛(腰部痛)のストラテジー

作成者:院長 山本幸治

カテゴリ: 腰痛

 

 

腰痛(腰部痛)の治療戦略

 

 

腰痛に対して腰部の安定性の確保が重要なことは再三申し上げておるところですが、急激かつ継続的で強靭な腰痛がある場合、局所の疼痛(痛み)を軽減、消失させることも非常に重要であります。

 

 

強い腰痛が発生した場合、我々は何を考え施術を行っていかなければならないでしょう?

 

 

先ず考えなければならないのはRed Flagsです。

Red Flagsとは危険信号という意味であり、腰痛におけるRed Flagsは腫瘍、脊椎炎症、骨折などの生命に危険性を及ぼす恐れのある重篤な脊椎疾患を指します。

 

 

ただ単に腰痛と思っていても、それら重篤な疾患が隠れている恐れもあります。

 

 

先ずはそれらを的確に除外するため、Red Flagsを見極め見逃さないようにしなければなりません。

 


Red Flags

●年齢:<20歳、55歳<

●安静時痛(活動性に関係の無い腰痛)

●胸部痛

●癌・ステロイド治療・HIV感染の既往

●栄養不良

●体重減少

●広範囲に及ぶ神経症状

●構築性脊椎変形

●発熱

 

 

当院で問診を重要視するのは、Red Flagsを見極める必要があるからでもあります。

 

 

続いてRed Flagsが無かった場合(Red Flagsが認められた場合、専門医を紹介致します)、神経症状の有無を判断いたします。

 

 

神経症状がない場合、現在では多くは非特異的腰痛であると推察されています。

 

 

非特異的腰痛とは検査をしても明らかな原因や病気が認められないような腰痛を指します。

 

 

非特異的腰痛の場合、病院では検査をしても異常が認められないため、治療のおこないようが無いとなることが多いのが現状です。

 

 

非特異的腰痛は姿勢や動作不良などで起こることも多く、姿勢や動作を見る我々の得意分野であります。

 

 

また神経症状がみられる場合は、その症状において的確に障害されている神経を特定し、その原因を追究し、その原因を取り除くとともに症状緩和を目指します。

 

 

どのような神経症状がどのような神経障害によって引き起こされるのでしょうか?

 

 

ただ単に何でも坐骨神経痛にしてしまってはいませんか?

実はそれほど単純でもありません。

 

 

痛みの出現場所により、おおよその特定をすることも不可能ではありません。

 

 

・脊髄硬膜枝

・傍脊椎神経

・後枝外側枝

・後枝内側枝

・上殿皮神経

・中殿皮神経

・仙骨神経

・上殿神経

・下殿神経

・坐骨神経

等々

 

 

脊椎後面(腰殿部)だけをとってもこれだけの神経障害が考えられます。

 

 

当院では、それらを問診、触診、理学検査、エコー検査を駆使して解消、解決に導きます。

 

 

 

 

 

ヤマモト整骨院line

 

 

腰痛

 

腰専門外来

 

野球肘・野球肩

 

テニス選手外来

 

オスグッド、足底筋膜炎

 

〒502-0909 岐阜市白菊町5-10

-トータルコンディショニングラボ-

ヤマモト整骨院

☎058-297-1779

 

月別アーカイブ

腰痛
野球肩 野球肘
オスグッド
酸素カプセル
フォーム

受付・施術時間 (予約制)

 
午前 --
午後 --

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜午後は7:00まで)
祝祭日施術有り。
(大型連休を除く)

休院日
水曜・日曜

*急患の場合はこの限りではありません。お電話して下さい。

所在地

〒502-0909
岐阜県岐阜市
白菊町5-10
駐車場あり

058-297-1779

お問合せ

ホグレル
パワープレート

PageTop